エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「SUKIMASWITCH」

最終的なジャッジは、
いつも直感を大事にしている

——アルバムの中で、『Shout To The Top』は異色だと感じました。
大山「そうですね。これまでにないタイプの楽曲ですね。僕らは外に向けてバーンっと広がる楽曲が多いですが、内面にどんどん入り込んでいく曲も作りたいと思ったんです。歌詞に関してはできあがったメロディに反応し、書いてくれたと思います。世の中に対してイライラしていることを表現したかったわけではなく、手をぎゅっと握りしめるような曲をめざしていた。とはいえ、先ほども言ったように僕らはセッションっぽく曲を作っていくので、特に言葉にするわけじゃなく、音やフレーズで伝える中で変化していき、結果的にBRADIO的に新鮮でおもしろい曲になりました」
真行寺「この曲の歌詞は社会風刺であり、書いてて気持ち良かったですね。これまでのBRADIOにはなかったし、自分の意見がないと書けない歌詞なので、このタイミングで書けたことは自信にも繋がりました」
——曲順に関してはどうやって決めているのですか?
酒井「1曲目『Funky Kitchen』ができた時、メンバー、スタッフ全員の気持ちがアガり、アルバムへの最高の入り口ができた感じがしたので、“これは1曲目だな!”って即決。そして、メジャー1stシングル『LA PA PARADAISE』をラストに持ってくることは自然と決まってましたね。ちなみに最後に完成したのは『Boom! Boom!ヘブン』。いつも最終的なジャッジは、直感を大事にしてます」
——アルバムの核となる曲を挙げるとするとどれになりますか?
大山「うーん。難しいですが、2ndシングル『きらめきDancin’』かな。『きらめきDancin’』は、制作時にかなり模索したんです。プリプロ段階では打ち込みの音が多いので無機質になりがちで、なかなか正解を見つけられなかった。でも実際にレコーディングで生音入れたら、とんでもないグルーヴが出てきて、大興奮しました。その時に、この曲に一番大切なのはアレンジや音楽理論じゃなく、グルーヴだったんだなって気が付いたんです。それは今回のアルバムを作る上でとても大切な“気付き”であり、収穫だったと思います。それをチーム全体で体感できた後のアルバム制作だったので、すべての流れが良かったですね」

スペシャルインタビュー「WANIMA」


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。