エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。新世代の写真家・小林真梨子が次に手紙を書いたのは、雨のパレードのボーカル、福永浩平。

手紙を書いた人
小林真梨子
手紙を受け取った人
福永浩平(雨のパレード)
プロフィール
’93年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部卒業。これまでの主な展示会に「東京女子展」「女子と渋谷の写真展。」などがある。雑誌や広告等、幅広く活躍中。 https://www.instagram.com/marinko5589/

手紙を拡大

▼福永浩平(雨のパレード)からの返信
お手紙ありがとう。
まりこと初めて会ったのは4年ぐらい前ですね。
雨のパレードがまだインディバンドの頃でした。
当時からまりこは僕らのライブに毎回いろんな人を連れてきてくれましたね。
僕らは全員九州出身な上、東京で組んだようなバンドだったのでファンはおろか、知り合いすら殆どいませんでした。
そんな僕らの目には、まりこがきっと天使のように写っていたことでしょう。
その頃に紹介してくれた人たちが今でも大切な友人たちになっています。
ありがとう。
まりこには先見の明があっていつも驚かされます。
というかなんかみんな自然と集まっちゃうんでしょうね。
まりこには不思議な引力があるから。
僕も、まだ誰も知らない新しい才能を持ってる人と行動を起こすことが好きなので、
これからもまたまりこに紹介してもらって一緒にもの作りすることができればうれしいです。
ただ、まりこは他人のためだけに行動する子なので、たまには自分のために行動してみてください。
—小林さんと福永さんの関係を教えてください。
「数年前に知り合って、そこから遊ぶようになりました。ライブとかもよく観に行きます」
―小林さんにとって福永さんはどんな存在ですか?
「良くしてくれるお兄さんって感じです」
—小林さんが感じる、雨のパレードの音楽の魅力とは?
「違う世界に連れて行ってくれるような気がします」
—雨のパレードの好きな曲を教えてください。
「新しいアルバム『Reason of Black Color』はどの曲も好きですが、特に『Shoes』『Reason of Black Color』『(soda)』がお気に入りです。あと、背中を押してくれる『You』もよく聴きます」
—ミュージシャン以外で福永さんに合う職業はなんだと思いますか?
「農業とか合うんじゃないかな。畑を耕しながら、大地を感じてそう(笑)」
—福永さんを動物で例えるとなんだと思いますか?
「なんか雰囲気がメガネザルぽくないですか? ゲージの中で外の世界をキョロキョロ観察しながら、それが落ち着いたら自分の世界に入り込んでるイメージ」
—福永さんを色で例えると何色ですか?
「薄いグレー」
—お付き合いの中で印象に残っている言葉はありますか?
「“雑草魂を持て!”と以前言われ、その後、仕事の幅が少し広がってきたことを褒めてくれました」
—福永さんの愛すべき部分、尊敬する部分はどんなところですか?
「マイペースだけれど、アドバイスも含めて思っていることをはっきりと言ってくれるからありがたいな、っていつも思う。数少ない仲良くしてくれる年上のお兄さんです。好きだ! これからもよろしく!」

次回は、「福永浩平(雨のパレード)」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。