エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

“地平線”の先に見つけたハイブリッド感──。MAN WITH A MISSION(以下、MWAM)が待望のニューアルバム『Chasing the Horizon』を6/6にリリースする。今作でさらなる“ハイブリッド化”を遂げたMWAMは今、どこへ向かおうとしているのか。Jean-Ken Johnnyが前作以降の活動を振り返りつつ、新作の“核”について語った。

自分タチノ幅ヲ新シイ方向ニ広ゲツツ
本当ニ好キダッタモノヲ深ク掘リ下ゲタ

――ニューアルバム『Chasing the Horizon』は前作『The World’s On Fire』から2年4カ月ぶりの新作になります。
「チョット空キマシタネ。前作ハ海外ノプロデューサーダッタリ、新シイ方々ト実験的ニイロンナコトニチャレンジシテ制作ヲシタノデ、バンド的ニモ手応エノ大キイ作品デシタガ、サラニ拍車ヲカケ、今回ハ新シイ出会イデ得タモノヲ凝縮シタ、モウ一歩踏ミ込ンダモノヲ作レタンジャナイカトイウノハ、手応エトシテ感ジテイマス」
――確かに前作以降、いろんなプロデューサーやコラボレーターとの作業で、音楽の幅がどんどん広がっている印象も受けます。
「ソウデスネ。関ワラセテイタダイテイル方々ノホトンドガ、自分タチノルーツノ一端ヲ担ッテイル方々デモアリマシタノデ、自分タチノ幅ヲ新シイ方向ニ広ゲツツ、ヨリ本当ニ好キダッタモノヲ深ク掘リ下ゲテイルノカナトイウ感覚モアリマス」
――以前お話を聞いた時も、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之さんとのコラボレートについて、“サウンドの質感にブンブンっぽさはあるんだけれど、メロディや全体から受けるメージはすごくMWAMらしい”という話をしました。今作を聴くとその軸のブレなさがより強くなっているのかなという気がしました。
「アリガトウゴザイマス。中野サンハモウ、僕ラガ単ナルファンデスノデ(笑)。ソウイッタ意味デハ、関ワラセテイタダイテ、アノ毒ノ注入ノ仕方トイウノヲヤッテイタダキナガラ、MWAMトイウバンドニ参加シテイタダイタ時ニドウイッタコトガ生マレルノカトイウコトヲ、制作シナガラモ悩ムコトモナク、僕ラハ自由ニ新シイ軸ヲ形成シテイッテルノカナトイウ印象ガアリマシタ」
――その中野さんが携わった『Dog Days』にはドラムンベースのフレーズが入っていたり、今までのMWAMとはまた異なるテイストが感じられます。
「聴イテイタダケル方ガソウイッタ形デ反応シテイタダケルノガ、一番ウレシイデスネ。自分タチトシテハ変ワッテイルツモリデモ、ソノ変化ガ見ラレナカッタリ、モシクハソノ変化ガ受ケ入レラレナカッタリスルト、ヤッパリ作リ手トシテハドウシタモンカナト思ッテシマウコトハアリマスケレドモ、今ノトコロ大勢ノ方々ト組マセテイタダイタコトデ喜バレタリ、興奮シテクダサル方ガ多イノデ、自分タチトシテモトテモウレシイデスネ」
――それに加えて、今回はFALL OUT BOYのパトリック・スタンプや、前作にも参加したショーン・ロペスといった海外の血も多く含まれています。
「コノ2年間ノ制作過程ノ中デ、ライブモ海外、特ニヨーロッパヤアメリカニ行カセテイタダキマシタ。自分タチガバンドヲ結成シテ音楽ヲ作ルキッカケトイウノハ、邦楽・洋楽ノカテゴライズデアレバ、洋楽ノホウガ多カッタト思ウンデス。デモ、当タリ前ノヨウニ世界中デ自分タチノ土台ハコレダト打チ出シテイルアーティストサンヲ見ルト、ソウイッタバンドニナリタイト思ッテイタシ、自分タチモソノレールノ上ニ身ヲ投ジテイルコトガデキテイルノハトテモウレシイ限リデス」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。