エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「CHAI」

子どものようなピュアさは大切
それこそが一番自信になるし、自由

——それは『アイム・ミー』の“Because I’m me”ですべて物語ってる気がします。
ユウキ「そう感じてもらえたらうれしいな。私たちは音楽が好きだからいろんなことをやるけど、もしかしたらとっ散らかった印象があるかもなって。だから“CHAIはみんなの味方だよ!”ってことをもっと強く伝えたかったの。“がんばれ!”って直接的な応援はしたくないんだけど、“私たちを見てもらえればわかるよね!”って」
——とても伝わります。あと、今作に“Weight”って言葉が2曲に入ってるのもCHAIらしい(笑)。
マナ「最高だよね(笑)。『FAT-MOTTO』の歌詞も爆笑しながら考え、めっちゃこだわったよ。どこまでも強気な完全ポジティブな曲」
ユウキ「『アイム・ミー』と『FAT-MOTTO』の歌詞は何度か書き直した。そもそもの曲が良過ぎたので、いい言葉を乗せないとって勝手なプレッシャーを感じてしまって(苦笑)。そしたら最初背伸びした歌詞になり、マナが歌ったら嘘をつかせてるみたいになっちゃって書き直したの。ユーモアを忘れず、CHAIだから発信できる言葉を探したよ」

スペシャルインタビュー「chai」

——ポップさを大切に、テクニカルにならないように意識してますか?
マナ「“わかりやすい”ってたくさんあるけど、なんか癖になる感じが好きだな。例えばサビがこなくてもいいやみたいなポップさというか中毒性というのは毎回意識してるかな」
——これからどんな音楽を鳴らしていきたいですか?
カナ「ジャスティスの『ダンス』みたいな曲は目標にしてる。メロディは最高にクールでキャッチー。そして歌えば子どものような幼い声。クールとかわいいのバランスが融合してるよね。そしてすっごい踊れる!」
マナ「あれは理想形だね」
——ポップさを大切に、テクニカルにならないように意識してますか?
マナ「“わかりやすい”ってたくさんあるけど、なんか癖になる感じが好きだな。例えばサビがこなくてもいいやみたいなポップさというか中毒性というのは毎回意識してるかな」
——今作のタイトル『わがまマニア』について教えてください。
マナ「わがままって言葉は、“あいつはわがままだから関わりたくない”みたいな悪いイメージしかないけど、本当はわがままって、その人がその人らしくいることだよね。かわいい素直な人だと思う。それを音楽で表現したかったの。CHAIは基本的にわがまま。でもそれをかわいいと思ってるし、あなたもかわいいって思っていいんだよって、この作品を聴いて感じて欲しいと思ったの」
ユウキ「大人になればなるほどわがままになりきれないじゃんね。だからこそ子どものようなピュアさは大切。それこそが一番自信になるし、自由だもん。それをわがままって言葉で表せるかなって。ラスト『Center of the FACE!』でも歌ってるけど、アンバランスはエースになるんだよ。自分らしくあって大丈夫! みんな自分に自信を持って欲しい。高らかに!」
chai
CHAI(チャイ)
メンバーは、双子の姉妹マナ(Vo.&Key.)とカナ(G.&Vo.)、ユウキ(B.&Cho.)、ユナ(Dr.&Cho.)の4人。’15年より本格始動。その年の8月に発表したEP『ほったらかしシリーズ』がじわじわと話題を呼び、’16年の冬に初の全国リリース。昨年リリースした1stフルアルバム『PINK』も各所で大きな話題となった。今年3月にはアメリカツアーも敢行し、CHAIマニアを着々と量産している。
http://chai-band.com
『わがまマニア』
『わがまマニア』
¥1,600(税別)
CHAI-006
※5/9 on sale

スタッフクレジット
Photo by Rie Odawara

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。