エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「SUKIMASWITCH」

気持ちの変化こそが
今作のフレッシュさに繋がった

――長く活動を続けるといろんなバランスを維持するのが難しいですよね。
常田「そんな中で、『re:Action』制作やツアー、カバーなどをやる中で、“今の僕らが新曲を作るとどうなるのかな?”って気持ちの変化が生まれてきました。その感覚こそが今作のフレッシュさに繋がったのかもしれないですね。今の僕らは、楽しかったら楽しい曲を作ればいいじゃんってモードです」
――本作は新しいスキマの音楽に触れた感覚がありました。聴きながら胸が躍るような。
常田「ありがとうございます。シングル楽曲以外で最初にレコーディングしたのは『ミスランドリー』。そのレコーディングでは、バンドを始めた頃のようにワクワクしたのを覚えています」
大橋「この曲は僕らが大好きなカントリーテイストな曲。アルバムの中では箸休め的な楽曲ですが、肩の力を抜きつつ少しの違和感を入れたかったんです。違う見え方、聴こえ方ができたらいいなって、アレンジや歌い方も変えました。アルバムのキーになった曲は、シングル『ミスターカイト』『LINE』かな。既にあったこの曲たちの他にどんな曲を入れるかを考えながら作り始めたんです」
――『未来花(ミライカ)』はピアノと歌というシンプルな構成で歌われた素晴らしいバラード。
大橋「デモ自体は2015年ぐらいにできていて、かなり手ごたえがありました。いつかシングルで出したくて、その時もピアノと歌という僕らの最小で最大の形態で、と考えていました。タイミングを見ていたんですが、アルバムを作る中で全体像を見据えると、今入れるべき重要な1曲になってましたね」
――『Baby good sleep』も甘いだけじゃなく大人のラブソングです。
常田「これも2015年頃に作った曲で、こちらは最初からアルバムには入れるつもりでした。考えてみたらアルバム用に作った曲は、ラストの『リアライズ』ぐらいかも」
――『リアライズ』はラストにふさわしい力強く胸に響く楽曲ですね。
大橋「この曲は難産で、イメージはあるけどなかなか完成しなかった。ライブを意識し、静かにかつ感動的な大団円できるような楽曲が欲しくて、ディスカッションを重ねました。サウンドのスケール感としてはスキマ史上最高かもしれませんね。制作当初、最後に置くということもデビュー15周年ということも意識せず。でもメロを聴く中で自然と“さあショウタイムの始まりだ”というフレーズがピタッとはまった。…ハマり過ぎてラストに置くのは本当は嫌だったんです(笑)」
常田「以前の僕らの考え方だと天邪鬼なので確実に最後に置いてないですね(笑)。でもこれが最後の曲じゃなく、もう1曲あって終わりにすると『リアライズ』の次の曲がボーナストラックっぽくなり、あまりにも可哀想で。聴けば聴くほど『リアライズ』は、ラストは俺に任せろ!的な顔をしてました(笑)」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。