エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「高橋 優」

知りたいっていう気持ちがあれば
人生はより深く濃くなる

――そんなWANIMAが「愛してる」と歌う『SNOW』がすごく新鮮でした。
FUJI「今までにない曲!!」
KENTA「よくライブ中に、“みんな愛しとるよ!”って言うんですけど、それは異性に対してだけじゃなくても、仲間だったりメンバーだったりスタッフさんだったり。僕の中では『SNOW』はラブソングではないです。日本語で歌うことを大切にしていて、“愛してる”って言葉を調べていったら、改めていい言葉やなと思いました」
――いい言葉なのに、一生「愛してる」と言わずに終わる人もいますよね。だからこそ今回のアルバムでは、生きてるうちに大事なことは伝えよう、やってみよう、というメッセージがいろんな形で歌われているのかなって。
FUJI「僕らも面と向かっては言えないタイプです!!」
KENTA「そうやね。音楽をやってなければそういう言葉は使えないかもしれないけど、みんなからもらうものの方が大きくて、照れてる場合じゃないって思ったんです」
――九州男児ですもんね。スペシャルインタビュー「WANIMA」
KENTA「だから『SNOW』を聴いた女性の方、幸せにするから事務所まで連絡くださいっていう感じです(笑)」
――この気さくさがWANIMAの魅力でもありますけどね(笑)。
KENTA「お客さんとの距離感は近いです。僕らのテーマのひとつに、変わらず、飾らず、スカさずにっていうのがあります。道端でファンの方と会っても普通に話します」
――1年前と髪型や体型は変わりましたけどね。
KENTA「変わりました。僕、今より10キロぐらい太ってましたから(笑)」
KO-SHIN「僕も8キロぐらい痩せたかも」
FUJI「僕も5キロは太りました(笑)」
KENTA「最近友だちから誘われても、“ごめん、今日ランニングがあるけん”って断ったりしてます。でも痩せたらライブの調子がすごいくいいです。『エビバデ!!』じゃなくて、『ナイスバデ!!』にしようかと思うぐらい…」
FUJI「……失礼しました!(一同爆笑)」
――でも、ストイックになり過ぎるとWANIMAのチャームポイントでもあるエロを忘れませんか?
KENTA「正直、俺最近エロくないなって思う時もあったんで、原点に戻って……」
――できた曲が『CHEEKY』。
FUJI「日常が詞になってます(笑)」
KENTA「初期衝動です。いろんなことに対する興味だったり、知りたいっていう気持ちがあれば人生はより深く濃くなる。もっと生活に彩りを添える曲を創りたいとか、欲は尽きないです。この前、腕にWANIMAってでっかいタトゥーを入れた男子ファンがおって、僕らよりWANIMAを背負ってくれてた。それだけWANIMAの音楽と存在をお守りにしてくれてるんなら、音楽やめられないと思いました。今回の14曲も、みんなのいろんな欲に対して、生活の中のさまざまなタイミングで聴ける曲が揃ってるので、みんながどんなところにハマるのか楽しみです」
 alt=
WANIMA(ワニマ)
’10年に結成された熊本出身の3ピースバンド。メンバーは、KENTA (Vo.&B.)、KO-SHIN (G.&Cho.) 、FUJI (Dr.&Cho.)。’14年に1stミニアルバム 『Can Not Behaved!!』を発表。2/1からは全国ツアー『WANIMA Everybody!! Tour』がスタート。
https://wanima.net
『Everybody!!』
『Everybody!!』
¥3,000(税別)
WPCL-12817
※now on sale
クレジット
Photography by Rie Odawara
Interview & Writing by Kanako Hayakawa

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。