エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。キュートな台湾女優、ヤオ・アイニン(ピピ)が次に手紙を書いたのは、大親友だという有村架純。

手紙を書いた人
ヤオ・アイニン(ピピ)
手紙を受け取った人
有村架純
プロフィール
ヤオ・アイニン
’90年、台湾生まれ。’14年に映画女優デビューを果たす。翌年、日本でも活動を開始し、CMやMV、雑誌、銀杏BOYZのCDジャケットモデルとしても活動。昨年は映画『恋愛奇譚集』で主演を務めた。 http://www.stardust.co.jp/section2/profile/yaoaining.html

手紙を拡大

手紙を拡大

▼有村架純からの返信
ピピちゃん、ありがとう。
ありがとう。うれしいよ。
あれから、二年経つね(^^)出逢いは突然に、だったけど、
あの時ピピちゃんと会えて、本当に良かったです。
これからも何事にも一生懸命なピピちゃんを心から応援しているし、
なかなか会えないけど、連絡取ったり、写真送りあったり、
そんなピピちゃんとのやりとりが、私の癒しです☺︎
ピピちゃんとお仕事する方々は、みんな、ピピちゃんのこと大好きなんだろうなぁ、と思います。
それくらい、素敵な女性で、
私はピピちゃんを本当に尊敬しているよ。
大好きだよ、ピピ♡
寒くなってきたから、体に気をつけてね。
また台湾でも、日本でも、時間見つけて会おうね♡
架純
―有村さんをと知り合ったきっかけ、第一印象を教えてください。
「以前から日本のドラマで架純ちゃんのことを観てましたので、初めて会った時は、“不思議な感じ”と思いました。でも架純ちゃんはとてもやさしくてあたたかい人だったので、まったく緊張しませんでした!」
―ピピさんにとって有村さんはどんな存在ですか?
「私の北極星だと思います。道に迷って落ち込む時も、北極星はどこからでも見えるので安心します。架純ちゃんはそんな存在。私が東京で寂しいと感じる時も、架純ちゃんが気にかけてくれていると感じホッとします。仕事のスケジュールで頻繁に会うことはできませんが、メッセージを送り合うだけで心があたたまります」
―ピピさんが思う有村さんの魅力とは?
「やっぱりやさしいところかな。いつも“優しい架純ちゃん”って呼んでます(笑)」
―自分と“似ている”と思う部分はありますか?
「うん…たぶん努力と穏やかなところかな。自分のことを言うのは恥ずかしいですが、でもだからこそお互いのことが気になって友だちになれたと思います」
―女優以外で有村さんに合う職業はなんだと思いますか?
「架純ちゃんが女性警察官を演じた作品を観ました。女性警察官もしくはパン職人の架純ちゃんもきっとかわいいですね」
―有村さんの出演作で好きな作品は何ですか?
「『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。架純ちゃんの演技がとても好き。表情から内に秘めたエネルギーと感情が溢れていて、いつ観てもすごいと感じます」
―有村さんをひとことで表現するならどんな言葉が思い浮かびますか?
「あたたかい一筋の光」
―お付き合いの中で印象に残っていることはありますか?
「“東京で寂しいと感じる時は、私がいることを思い出してね”と、いつも言ってくれます。架純ちゃんはやさし過ぎます!」
―有村さんを色で例えると何色ですか?
「オレンジ色/橙色」
―有村さんの愛すべき部分、尊敬する部分はどんなところですか?
「やさしいところ。初めてお会いした時から、架純ちゃんは面識のない私にとても親切に接してくれました。いつもあたたかい笑顔で本当に素晴らしい人です」

次回は、「有村架純」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。