エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「BiSH」

今はお互いに甘えるし、任せられる
素直に頼れるし、頼られる関係

――モモコ的にはどんな作品になったと思いますか?
モモコグミカンパニー(以下、モモコ)「これまでの作品はアイナとチッチが主軸を歌っているイメージで。でも、今作は全員が自分の居場所を見つけた気がしています。それぞれの歌割りもハッキリしてるし、みんな自分の殻を抜け出したように感じています」
スペシャルインタビュー「BiSH」――すごくわかります。
モモコ「“BiSHとしてのカラー”がわかりやすくなったということでもなく、本当の自分の色が出ているというか。…なんで出てきたんだろう? 時間の流れとかBiSH内の空気が自分を出しやすい環境になってきたんだと思います」
チッチ「確かに。アユニもすっかり馴染んでいるし、アユニが入ってから空気がひとつになったと感じています」
――アイナはどう思いますか?
アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ)「アルバム『KiLLER BiSH』は、CDを目の前に置いてお酒を飲んで欲しい感じでした。サシ飲みというか。今回はどの曲の歌詞もすごく良くて思い入れが深いので、歌詞カードを見ながらじっくりと向き合って欲しい。モモコが言っていたように、今作は私とチッチがメインボーカルじゃなく、6人でボーカルバトンを回しています。今のBiSHはお互いに甘えるし、任せられる。素直に頼れるし、頼られる関係になってきてますね」
――今作でモモコが作詞した『Nothing.』は、より等身大の言葉で突き刺さってくる。遠くのBiSHじゃなく、すぐ隣りで思い悩むBiSHというか。
モモコ「この曲を書こうと思った時期、アイナとアツコが事務所主催のハードな合宿に参加してたんです。本当にすごくがんばっていて。その時、“私はBiSHで何ができるんだろう”って真剣に考えました。そして、歌詞で想いを伝えることしかできないなって。この曲は(マネージャーの)渡辺さんから書けと言われたわけじゃなく、自分から書いて渡辺さんにどうですかって渡しました。BiSHに入ってなかったら絶対に書けなかった歌詞。等身大の自分というか、BiSHにいる意味を言葉に残したかったんです」
――そうだったんですね。
モモコ「曲も好きだったし、この曲で幕張をイメージしたところもありました。自分でちゃんと考えた言葉で、この曲を幕張で披露できたらいいんじゃないかなって」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。