エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「Dragon Ash」

ニューアルバム『MAJESTIC』は
次に繋がる曲が鳴ってる印象がある

――この曲に限らず、多幸感と生命力に満ちた作品だなと思ったんですけど、そのあたりの意識は?
Kj「そうだな……意識的に光量の強いモノにしようっていうのはあったかな。この曲に関して言えば、細美武士(the HIATUS/MONOEYES)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)や武ちゃん(武史:山嵐)とか、その時に集まれるヤツらでいろんなバンドの曲をやる東北ライブハウス大作戦バンドがあるんだけど、そこでSTRAIGHTENERやMONOEYESの曲をよく演奏するのね。その曲たちは、メロディだけで持っていくっていう音楽の純粋な破壊力を感じるんです。それは俺の中にはないもので。こういうのも大事だなって思ったし、自分もシンプルなコード進行でただただ光に向かう曲を作ろうしたのが『Ode to Joy』なんですよね」
――ひとつ新しい武器を手にしたようなところも?
Kj「というよりも好奇心だね。“それは君次第だよ”という歌詞の内容もそうだし」
――また、『Headbang』や『Jump』等、ライブに直結してグイグイとフロアを湧かせる曲も揃ってます。既に披露してる曲もありますが、いい手応えがあるんじゃないですか?
Kj「ツアー前だから何とも言えないところはあるけど、俺たちのことを“ライブバンドだ”ってみんなが言ってくれる以上、そこは音源と同様かそれ以上にプライドを持ってやっていきたいと思ってます」
――最後を締めくくる『A Hundred Emotions』は、また新たな始まりを告げるようなニュアンスがありますよね。
DRI-V「そうですね。今までだったらアルバムの色が完結するような曲で締まってましたけど、今回は次に繋がる曲が鳴ってる印象がありますよね」
桜井「いい意味でこのアルバムを締めてないっていうか。起承転結の結がこれまでとは違う。でも、ここに位置する曲としてはすごく成立していて」
Kj「『ジョジョの奇妙な冒険』でいう、“to be continued”みたいなね(笑)」
スペシャルインタビュー「Dragon Ash」
――(笑)。今回のツアーではさまざまなキャパでライブを繰り広げていくわけですが、ステージの広さによって見せ方を変えるようなこともあるんですか?
ATSUSHI「まだ見えてない部分もあるんですけど、例えば狭いライブハウスだからこそできることもあるしね。すべての環境をプラスにしてやっていきたいと思ってます。まあ、最終的には気合と根性で何とかします(笑)」
――今後バンドとして何か欲してるモノはありますか?
Kj「ツアーが終わらないとわからないところもあるんだけど、(これからの制作は)以前みたく、それぞれが他のことをしてようがしてなかろうが、月に1回は必ずレコーディングする月1レコーディングスタイルにしてみようかなとは考えてて。今回はかなり瞬間の美学だったからこそ、みんな集中して向き合えた作品になったんだけど、次やるんならのんびり楽しく。どうやっても楽しくやる才能はこのバンドは超あるからね。長いスパンで制作を考えて、ずっと温度が一定のまま作るのもおもしろいから」
Dragon Ash
Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)
’97年のデビュー以後、一貫して何かに偏ることなく、様々なサウンドをクロスオーバーし、常に日本のロックシーンの第一人者であり続ける稀有なバンド。6人体制を支え続けてきたKenKenが制作段階から初めて全面参加した11枚目のアルバム『MAJESTIC』を5/31にリリースする。6/8からは全国ツアーがスタート。
https://www.dragonash.co.jp
『MAJESTIC』
『MAJESTIC』
初回完全限定盤(CD+DVD) ¥3,800(税別) VIZL-1172
通常盤 ¥2,800(税別) VICL-64800

※5/31 on sale
スタッフクレジット
Interview & Writing by Ryuji Yakou
Photo by Rie Odawara

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。