エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「Dragon Ash」

KenKenが全曲弾いてくれることで
1年生バンドみたいな気分だった

――前作『THE FACES』をリリースした際、「最高傑作であり、更新するとかではなく、大切に置いておく存在だ」とKjさんはおっしゃってました。そこを踏まえて制作するアルバムとなると、どういったイメージを描いたんですか?
スペシャルインタビュー「Dragon Ash」Kj「どうすればいいか見えなかったから、ソロをやったり役者をやったりしたんですよ。このままじゃDragonはできないと感じて。あの精神状態じゃできなかった。馬場さんがいなくなった後、死に物狂いで『THE FACES』を制作して、KenKenに助けてもらってツアーをやって、ファイナルは初の武道館。ストーリーを1回ハッピーエンドにして、ケジメをつけた上で新しいことをしたかったんです。だからすぐにはイメージが見えてこなくて」
――ひとつ意識を切り替えたようなところも?
Kj「KenKenが全曲弾くっていうことだけで、えらい違いだから。それはもう、俺が考えたっていうよりもそういうバンドになったっていうことだよね」
――もはや新しいバンドになったような感触すらあるんですか?
Kj「それはある。この人はベースだけを弾いてる人じゃないからね。すべてものすごいパンチだから(笑)」
KenKen「(笑)。ただ、それまでも弾いてるわけだから、どこかの瞬間からっていう話ではないと思うけどね」
Kj「少なくとも俺は曲を作ってるから、『THE FACES』の時は制作してて楽しいっていう感覚は微塵もなくて。“こんなに大好きなことを大好きなままやっていたバンドが、こんな悲しいエンディングはねぇだろ”っていう感覚だった。でも今回はずっと楽しくてね。20年目のアルバムっていうよりも、KenKenが全部弾いてくれる、アレンジに加わってくれる1年生バンドみたいな気分だった」
――じゃあ、すごくワクワクしながら制作してたような。
スペシャルインタビュー「Dragon Ash」Kj「うん。だから、制作の後半になるとバンドに持っていくデモの作り方も変えていったりしてね。以前だったらまだ自分のところで止めていた段階でもバンドへ持っていって、みんなで仕上げていくみたいな。こうして欲しいっていうリクエストもあるんだけど、これを母体としてみんなでいじくり回していく感じでしたね」
桜井(Dr.)「色だけは決まってるけど、線は自由に描くような感じだったんで非常にやり甲斐がありました」
HIROKI(G.)「現場で合わせたりもするし、宿題としてそれぞれが持って帰ったりもして。いろいろと楽しくやれましたね」
――20年目にして、改めてそういう制作ができるのはいいですね。キャリアがあるからこそ、もっと頑なになる場合も多いでしょうし。
Kj「そうだね。そういう楽しみ方ができるバンドだからこそ、20年やれてるのかもしれない」
――幕開けとなるタイトル曲『Majestic』から『Stardust』に繋がる流れがすごく美しいですよね。これはどちらからか派生してふたつの曲になったのかなとも想像しました。
Kj「俺もこの流れは超気に入ってるんです。アルバムを表してる感じがするし。ただ、作ったのは『Majestic』が先で『Stardust』はそこへうまく繋がるように合わせていった感じでしたね」
――『Ode to Joy』はサウンドだけでも多幸感が伝わる温かい曲だと感じました。
桜井「シングルとして発表してもいいんじゃないかなって思ってたぐらい、この曲はイチ押しですね。楽曲としていろんな要素が入ってる曲であり、なおかつ聴きやすい」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。