エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

常にロックの最前線で道を切り拓き続けてきたDragon Ash。デビュー20周年を飾るにふさわしい、多幸感と生命力に満ち溢れたニューアルバム『MAJESTIC』が完成した。バンドを支え続け、緊密な繋がりを持つ盟友KenKenが全面参加し制作されたこともあり、輝かしいキャリアに甘んじることなく、めざす光へしっかりと歩みを進めた新たな物語が提示されている。

音楽に対して本当に真面目に考え、
バンドがずっと好きだっていうことは変わらない

――今年でデビュー20周年を迎えました。ひとつの節目ではあると思いますが、実感としてはいかがですか?
Kj(Vo.&G.)「これはBOTS君が言ってることなんだけど、20年バンドをやってこれたのは素晴らしいな、と。例えば欲しい物とかは何かの拍子で手に入ることもあるけど、バンドを20年やるっていうのは、1日1日、365日を20回続けないとダメなことだし、瞬間では手に入らない何よりの財産。20年、同じ職業で充実した日々を送っていること自体にありがたい気持ちしかなくて。自分たちがどうというより、ライブをする場や音楽を作る場を与えてくれた人たちに対しての感謝の気持ちがありますね」
――この歩みの中、変わってきた部分と変わらない部分をどのように捉えていますか?
BOTS(DJ)「変わってきたのは……体重かな(笑)? まあ、制作に関することだと、提示された部分以外にも自分から踏み込んでいくことは変わらない。お互いに合致する時もしない時もあるけど、そういうスタンスでやっていくと心に決めてるのは変わらないですね。とりわけ、ボーカル、ギター、ベース、ドラムっていう基礎的な要素じゃないポジションだからこそ、そういう意識を持とうとしてますね」
ATSUSHI(Dance)「守りに入ったらそれは衰退してる時だろうしね。だから常にもう一歩先を求めて前進するという姿勢は変わらず意識してますね」
DRI-V(Dance)「だからこそ、いつも新しいことへ挑戦しようと。表現したい幅が広がるにつれ、基礎体力的なトレーニングは確実に増えてますね」
――KenKenさんは外側からDragon Ashを観ていた期間も長いわけですが、どう感じますか?
KenKen(B.)「やっぱり、(前ベース・故)馬場育三さんというのはパンチのある人でしたから、彼がいないだけでそりゃ違います。そしてDragon Ashのベースというポジションは、パンチがないと入れないところでもあると思っていて(笑)」
Kj「それは間違いないね(笑)」
KenKen「そこ(育三さん)だけと向き合いながらやることもないけど、もちろん忘れるわけはないから。変わってないのは、みんな音楽に対して本当に真面目に考えて、バンドがずっと好きだっていうところかな。好きなことで生きていくって、好きなことが大っ嫌いになるまで追い詰められるということでもあるから。でも好きだからこそ、止めずに最後のところで踏ん張ってがんばれる。その繰り返しなんでしょうね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。