エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

水曜日のカンパネラのニューアルバム、その名も『SUPERMAN』が完成。サウンド的にも作品の構造的にも、今一度このタイミングで水曜日のカンパネラの王道を受け入れ、それをダイナミックに更新する――そういった意志に満ちた、新たな名刺となる作品だ。コムアイとケンモチヒデフミに話を聞いた。

意外にまじめなアルバムになったのは
やっぱり変化を肯定するアルバムだから

――『SUPERMAN』というアルバムタイトルを今の水曜日のカンパネラが背負うことの意義は大きいと思います。どういう経緯でこのタイトルを冠したんですか?
コムアイ「“スーパーマンが不在の2016年の日本”というイメージが前提としてあって。私が若いうちに100年にひとりのスーパーマンが現れる時代が来て欲しいと思うんです。誰もがその人を応援したくなるような超人的な存在が現れて、いい方向に世の中がドライブしていって欲しいなって。このアルバムは私のボーカルもトラックも未来に向かっていると思います。それも楽しく踊りながら前に進んでいるような感じがある。楽曲タイトルのモチーフになる人名は、人種が偏らないようにいろんな大陸をカバーしました。曲の楽しさとは裏腹に、ジャケット写真はジーッと相手を見つめて、ケンカを売ってるようなイメージ。すごく楽しいけれど挑発的なアルバムでもあるからこそ、リスナーのみなさんにはそれぞれが人生で勝負するタイミングにヘッドフォンで聴いて欲しいです」
ケンモチ「今作はいつになくコムアイが曲作りをする前にしっかりコンセプトを僕やスタッフにプレゼンしてくれたんです。だから、最初からアルバムのイメージを共有しやすかったんですね。それで、まさに“今の水曜日のカンパネラが『SUPERMAN』というアルバムを出したら誰も否定できない”ってみんなで盛り上がったんです」
コムアイ「レーベルがワーナーミュージック・ジャパンになって、関わる人が増えたのも大きいと思いますね。今までは私とケンモチさんとDir.Fの3人で口頭でイメージを共有していたけど、人が多くなるとイメージってブレていくんですよね。だから、みんなが集まっている場所でイメージを明確に伝えたほうがいい。今までやろうとしながらも、どこかでサボっていたことをちゃんとやるようになった(笑)。今後もそうしていきたいですね。水曜日のカンパネラはセッションで曲を作っていくバンドではないので」
――サウンドのニュアンスやリリックの筆致は水曜日のカンパネラらしいユーモアが滲んでいるんですけど、その実、楽曲の響き方は真摯なムードをもって迫ってくるのが印象的で。
コムアイ「私も最初はアホっぽい要素がもっと強いアルバムになるのかなと思ってたんですけど、意外にまじめなアルバムでした。そうなったのは、やっぱり変化を肯定するアルバムだからだと思います。それと同時に、時代が変化していく中で死んでいく人や職を失う人も多い。変化に巻き込まれて血と汗と涙に埋もれてしまう犠牲者もいる。そういう人たちを弔ったりする気持ちが私の声に入り込んでるんだと思います」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。