エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「ソードアート・オンライン」

豊かで深いキャラと語り口

「ソードアート・オンライン」本シリーズの主人公キリトは早くに両親を亡くした少年。常に孤独を抱え、心の安らぎを求めようとVR(仮想現実)世界に入り込み、壮絶なデスゲームへと身を投じていくこととなる。その過程においてキリトは大切な人々と出会い、自らの弱い心と向き合いながら一歩ずつ成長していく。キリトだけではなくアスナも、後に別のゲームで出会う少女たちも、さらにはキリトの前に立ちはだかる敵キャラたちでさえ、誰もが悩み苦しみ、自ら答えを見つけ出そうとするのが本シリーズの魅力のひとつ。ポップでキュートなルックスだけではなく、闇に堕ちる様も希望に向かって這い上がる様も描かれるからこそキャラクターに共感でき、ストーリーは深みを増すのだ。
もちろん『劇場版SAO』でも、その魅力は健在。鍵を握るのはキリトとアスナの関係性と、ARアイドルのユナに秘められたある真実。すべての謎が明かされた時、そこに浮かび上がる大きな物語に熱いものがこみ上げてくるはずだ。

多彩で躍動的なバトル

「ソードアート・オンライン」
《SAO》ではキリトやアスナの躍動的で華麗なソードアクション、《ALO》では魔法と剣技を掛け合わせた魅惑のバトル、《GGO》では緊張感溢れるガンアクションと、挑戦するゲームによってさまざまなバトルシーンを楽しめるのも本シリーズの魅力のひとつ。
『劇場版SAO』では、《オーグマー》により拡張された現実世界に現れる敵キャラを相手にするという、かつてないバトルが繰り広げられる。実在する場所がバトルフィールドになることでイメージは鮮烈になり、アバターではなくリアルの体を使うだけにスリルも増幅。より“体感型”となったバトルに、観客自身もゲームプレイヤーとして参加しているかのような感覚を味わえるはず。
そして、そのバトルシーンをARアイドル・ユナの歌声が彩るという点にも注目したい。キャストの神田沙也加自身によるその歌声は、バトルシーンを時にスリリングに、時に不穏に、時に感動的に演出していく。体感型バトル+エモーショナルな音楽で、未体験の興奮が駆け巡るひとときを。

©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。