エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。偉大な作家・井上ひさしを父に持ち、劇団「こまつ座」の代表である井上麻矢が次に手紙を書いたのは、現在公演中の舞台『木の上の軍隊』にも出演中の松下洸平。

手紙を書いた人
井上麻矢
手紙を受け取った人
松下洸平
プロフィール
井上麻矢(いのうえ まや) ’67年生まれ。日本を代表する作家、井上ひさしの三女。現在は、劇団「こまつ座」の代表を務める。著書に『真夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉』がある。現在、平成28年度文化庁芸術祭参加公演・沖縄タイムス社後援こまつ座第115回公演「木の上の軍隊」(~11/27まで)が公演中。
WENリンク→http://www.komatsuza.co.jp
手紙を拡大
▼松下洸平からの返信
——松下さんと知り合ったきっかけ、第一印象を教えてください。
「こまつ座の芝居を観に来てくださいました。第一印象は、顔が小さい!」
——井上さんにとって松下さんはどんな存在ですか?
「“日本の未来”を信じさせてくださる人」
——舞台での松下さんを見た時、どんなふうに感じましたか?
「『スリル・ミー』では普通のかわいいリスのように思い、『アドルフに告ぐ』では、リスはリスでも野生のリスだと思いました」
——自分と似ていると思う部分はありますか?
「人とすぐに話しができるところ(本当は苦手なのにね…)」
——似ていない部分も教えてください。
「物の扱いがとても丁寧なところ」
——俳優以外で松下さんに合う職業はなんだと思いますか?
「俳優は天職だと思いますが、敢えて言うなら、写真家かな。構図がすごい!」
——松下さんの意外な一面を教えてください。
「礼儀正しいところ。そして、芸術面の感性が豊かなのに意外とスポーツ万能なところ。木登りが上手だった!」
——松下さんをひとことで表現するならどんな言葉が思い浮かびますか?
「都会の天然水か多彩」
——お付き合いの中で印象に残ってる言葉や出来事はありますか?
「洸平という名前の由来を話してくださった時の真剣な目。キラキラと光っていて素敵でした。また、父のお墓参りに行ってくださり、“行ってきましたよー!”とメールをいただいたこと」
——松下さんの愛すべき部分、尊敬する部分はどんなところですか?
「ごく普通にその場にいられる人。伊江島でも稽古場でもそうです。伊江島では、現地の男の子かと思うくらいでした」

次回は、「松下洸平」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。