エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「BiSH」

野音を越えたらまた新しいことが見えてくる

――リード曲は高揚感と疾走感のある『オーケストラ』。
チッチ「聴く人によって捉え方は分かれるかもしれませんが、私の中では、別れてしまったけど今でも大切な人を想った歌。気持ちを入れやすい曲だと思うし、それこそ感情を入れ過ぎると歌いながら泣いてしまうぐらい強い想いが入った曲になりました」
――1曲目『DEADMAN』『ファーストキッチンライフ』からの流れで『オーケストラ』も意外だし、『オーケストラ』の次『Stairway to me』も美しい曲で。
モモコ「そうですね。アルバムを象徴してるような曲だと思いますし、今作は曲の流れもいいですよね」
チッチ「うん、『DEADMAN』から始まって『生きててよかった~』で終わるのもいい。最初と最後でBiSHの印象がまったく変わると思うので」
――これからBiSHはどんなふうになっていきたいですか?
アイナ「これまではアイドルフェスなどにも出てたんですが、これからはもっと幅広い人たちに聴いて欲しいです。例えばロックフェスで初めて私たちを観てくれた人にも“楽しい!”って思ってもらいたいし、BiSHっていう新しいカテゴリーが生まれたらかっこいい。だからどんどん新しい場所に出たいし、このアルバムでもっと幅を広げたいです。アイドルシーンとロックシーンのどちらもいけるのは強み。そのどちらでも闘えるようなBiSHになっていきたいですね」
チッチ「結成当時は話題性だけだった私たちですが、これからが踏ん張り時。今回アユニが入ってきれくれたこともそうだし、変化はチャンスだと捉えています。そしてツアーの最終日は今まで一番大きいキャパでもある、初めての野音。“私たちは本気なんだぞ”って部分が伝わるとうれしいです」
アイナ「アツコとリンリン、そしてアユニが入ってくれたことでそれぞれの個性も出てきたし、ツアーを回る中で精神的な距離も近くなってきました。また関わってくれる多くの人たちと触れる中で、“やんなきゃ”じゃなく“やってやるぞ!”に変化してきました。私自身もBiSHが生きがいになったし、これで生きていける自信も出てきた。野音を超えたらまた新しいことが見えてくると思います」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。