エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「BiSH」

気持ちが落ちてる時は、泣きながら歌うことになるかも

――作詞はどういう振り分けで書いてるんですか?
チッチ「“この曲は◯◯が書いて”って指定されるわけじゃなく、曲がみんなに送られてきて、その中で歌詞を付けやすいものを自由に選んで書いていくんです」
――ということは、どの曲にもボツ歌詞があるってことですか?
チッチ「はい。採用されて初めてわかるんです。“あ、私の歌詞が使われてる!”って(笑)」
アツコ「今回残念ながら採用されてないですけど、私も6曲ぐらい書きましたよ」
――リンリンさんが作詞された『Am I FRENZY??』は、歌詞も曲もかっこいい。
リンリン「気持ちが一番落ちてる時に書きました。だからこの歌詞の全部が私自身。共感でき過ぎて……って自分が書いたんですが(笑)、同じように気持ちが落ちている時にライブでやったら泣きながら歌うことになるかもしれませんね」
――リンリンさん的に書きやすいメロディとかはありますか?
リンリン「『生きててよかったというのなら』とかミドルテンポや歌い上げ系は、すぐ書くのをあきらめる傾向にあると思います(笑)。逆に暗くてハードな曲はすぐイメージが浮かぶ。『ファーストキッチンライフ』も松隈さんから送られてきたのを一度聴き、インスピレーションが浮かんだので1時間ぐらいで完成。今回一番すぐ書けた曲ですね」
――アユニさんも『本当本気』で歌詞を書かれてます。
スペシャルインタビュー「BiSH」アユニ「レコーディングが始まってから“書いてみる?”って言われ、曲を聴いて一気に書き上げました。レコーディング自体は緊張していて、最初全然が声出なくて…」
アイナ「初めてアユニの声を聴いた時、細かいビブラートが続いてると思ったら緊張で声が震えてたの(笑)」
――(笑)。そんなアイナさんが思い入れのある曲とは?
アイナ「歌詞を書いた『Hey gate』。学生時代に何度もウザいいじりをされてきた理科の先生に向けて書いた曲です。これは振り付けもおもしろくできたので、ライブで早くみんなにも踊って欲しいですね」
アツコ「今作は全曲思い入れが強いですが、あえて挙げるなら『IDOL is SHiT』。この曲は聴いた瞬間テンションが上がり、すごく好きな曲だったので自分の中で歌いたい部分がすぐイメージできたんです。そしたらそこがすべて私の担当になったので最高でした」
チッチ「好きな曲はモモコが歌詞を書いた『KNAVE』で、歌って印象に残っているのはラスト『生きててよかった~』。この曲はレコーディングの際に松隈さんから、竹原ピストルさんやサンボマスターさんをイメージして歌ってみて欲しいと言われたんですが、すごく難しくてとても苦労しました。でもみんなで歌ってるサビも好きで何度も聴いています」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。