エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

現体制になって約3年半、PIZZA OF DEATH RECORDSからデビューしてたった2年。信じられない勢いで全国のライブハウスを席巻しているWANIMAから、ついに勝負のシングルが登場した。WタイアップのCMソングを含む最新作『JUICE UP!!』だ。この作品を軸に、現在の状況、そして彼らが見据える未来について話を聞いた。

このメンバーになってからやっとスタートラインに立てた

――デビューからの2年間、目まぐるしい日々が続いていますね。
KENTA(Vo.&G.)「本当にあっと言う間でした。ほとんど休みなかったね?」
KO-SHIN「うん、一個ずつこれまでの流れを言われたら思い出せるけど、振り返る暇もないくらいノンストップでやってきました。自分たちの“上がっていくぞ!”っていう気持ちだけできた気がします」
FUJI(Dr.&Cho.)「休みもなるべく作らないようにしてましたしね。オフがある日も必ずスタジオ入ったりして。なんか休むと不安になるっていうか、ダラダラしてると申し訳ない気持ちになったりしてね」
KENTA「うん、変な責任は背負ってますね。WANIMAを好きでいてくれる人をがっかりさせたくない。僕たちはサプライズが大好きなんで、いつも驚かせたいんですよ。だから真剣にモノマネの練習をしたりね(笑)」
FUJI「本当にやってました。オフの日にスタジオでモノマネの練習(笑)」
――一気にブレイクすると自分でもどうしていいかわからなくなってしまう例が過去にあるのですが、そういう不安はなかった?
FUJI「そこは周りの人がすごくやさしく支えてくれたから大丈夫でした」
KENTA「うん。なんにもない時から応援してくれる人たちも変わらず付いてきてくれてますし。最近出会った人たちも俺らが全力でやった分、全力で返してくれるので大丈夫な気がしてますね」
――“それくらい大きなバンドになるイメージが最初からあった”という言い方もできますか?
KENTA「そうですね。それまで……FUJIくんが入る前までがずっと大変で。俺とKO-SHINは4歳から一緒ですけど、ドラムが見つからない時期が長くて。FUJIくんもそれまでバンドを10個ぐらい経験してきたし。でもこの3人になってからやっとスタートラインに立てたのかな」
FUJI「その前まで知り合いのライブを観に行ったり、自分でチケット買って観に行っては、“あそこに立ったら、俺だったら絶対こうする!”みたいなイメージをずーっと膨らませてましたから」
KENTA「そのイメージを今、一個ずつやってる感じですね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。