エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「the HIATUS」

“今はスケールがデカい曲をやりたいんだ”って気付いた制作

――だからこんなにもスケール感に溢れながら、すっきりとしてやさしい作品になったんですかね。
「『Hands Of Gravity』は俺ひとりで作ったわけじゃないので、今のメンバーで作ると自然とそうなるってことじゃないですかね。例えば『Bonfire』と『Tree Rings』は、俺がスタジオに行けない時期に隆史と一葉で作った曲です。完成したトラックに後からメロディを乗せてます」
スペシャルインタビュー「the HIATUS」――そういったことがあると、制作段階から感触として良かったと想像します。
「こういうものを作らなきゃ、っていう肩に力が入った姿勢じゃなかったですからね。それこそすごいアバンギャルドなところへいってもいいし、極端にインディー色が強くなってもいい。ただ好きなことをやればいいと思って取り組んでいったら、スケールの大きい曲がたくさんできたので、この制作中に“今のthe HIATUSはスケールがデカい曲をやりたいんだ”ってことに気づいていった感じです」
――今回、『Keeper Of The Flame』の先にあるロックが鳴っている印象があったので、もうちょっとコンセプチュアルというか、イメージが先にあったのかと思ってました。
「内容に対するコンセプトは特になかったですね。あくまで“今度は何が出てくるんだろう”って気持ちだったので。何か変わったのかって言えば、ネタ出しをする時の3人の役割分担が前よりも明確になってきた分、スタジオで制作が停滞する時間が短くなってきたことかな。こんなふうに曲作りを分業できる集団ってなかなかいないんじゃないかな。それができるのは、好きだと思う方向にあまりズレがないからだろうね。それはホントに恵まれたことだったりするよね」
――言葉で説明しようがない部分ですからね。
「そうそう。だからお互いダメな時はみんな、“あんまり伸びなそうだから、次いこ”みたいにあっさりしてるし(笑)。そういうふうにお互いにジャッジを正直にできたのも良かったですね。これまでは互いを尊重し過ぎて、軋轢を生むことが嫌で言い切れないって時ももちろんあったけど。でももう7年も一緒にいるし、さんざんケンカもしてきたわけで、今ではちょっと曲の感想を言ったぐらいで軋轢なんか生まれなくなった。だから、妥協点を探すんじゃなくて、全員の100点が出るまで時間もかけられた。録音にしてもやらなきゃいけない工程を明確にさえすれば、スケジュールもそんなに苦労しなかったですね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。