エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

壮大なスケールで音が鳴り響き、すべてを包括するようなハイレベルかつ繊細な彩りは、唯一無二な存在感で世界観を構築するthe HIATUSでなければ到達できない高みーー。約2年4カ月ぶりとなる新作、5thフルアルバム『Hands Of Gravity』は、素晴らしきロックであると同時にとてつもなく美しいサウンドスケープを誇っている。

MONOEYSとthe HIATUSの両輪があるから安定してる

――昨年、MONOEYESを始動された時、“次のthe HIATUSの作品をより良いモノにするために始めた”という趣旨をお話しされていました。前作4thアルバム『Keeper Of The Flame』を完成させたタイミングでひと区切りついた感覚もあったんでしょうか?
「武道館を終えたことで、次の作品を作る前に一呼吸おけるタイミングだったことは間違いないです。the HIATUSではメンバーと一緒に作曲をするので、ソロを一枚作ってみたいというのは割と前から考えていました。それでソロの作曲をやるには良いタイミングだったし、その後の方がthe HIATUSの作品をもっと良くすることができると思った。自分の中にある二面性みたいなものを、ひとつの枠の中では表現しきれないところがあったんだと思います。その一方に特化したことをMONOEYESではっきりと形にできたことで、the HIATUSの制作はすごく自由に取り組めました。“みんなが作りたいものなら、どんなものでもいい”っていう感覚でしたね」
――思いのまま音を紡ぐスタンスで制作に取りかかれたんですね。
「俺と(柏倉)隆史と(伊澤)一葉の3人でスタジオに入って、ネタ出しをしていったんですけど、こんな曲を作りたいみたいなのが先にあったわけではなかったですね。“その日の何か”を3人で掴まえるような感覚でした。そうして曲の骨格を作り上げて、アレンジのところからmasasucksとウエノさんにも入ってもらい、足りなかった要素や今まで見えてなかった部分を加えながら作っていきました」
――先ほどの二面性というのは、イマジネーションの違いのようなことだったりするんですか?
「ざっくりとした言い方になるけど、俺の中にはただ仲間たちと肩を組んで笑ってたいだけっていうか、それはオーディエンスも含めてなんだけど、ライヴハウスから一歩も出たくないっていう自分も強く存在しているその一方で、作詞をすることの楽しさや、モノを作り上げる喜びに没頭したり、自分の歌を突き詰めてみたいっていう一面もあって。そのふたつをひとつのバンドで追求するのはちょっと難しかったんですね。MONOEYESは友だちとやってるバンドっていうか、今の話で言えば前者だし、the HIATUSはミュージシャンとしてのリスペクトで繋がってるので後者かな。今はどちらもやれているのですごく充実してます。両輪があるから安定もしてるし」
――お互いがお互いにいい作用をしている、と。
「どちらも別の単体だし、バンドとしてはお互いに関係はないんだけど、両方でメロディを作る俺個人の目線で言えば、『Hands Of Gravity』とMONOEYESの1stフルアルバム『A Mirage In The Sun』はひと繋ぎになってますね。それを作り続けた2年半だったっていうか。ようやく作り終えた感じです」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。