エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「池松壮亮&菅田将暉」

「緊張感と安心感の両方を感じながら演じることができました」(菅田)

――ふたりの掛け合い、その間やテンポ、距離感が絶妙で終始笑いがこみ上げてきました。かつ、それが“作り込まれた笑い”ではなく自然で。おふたりはこの映画の笑いについて、どう考えていたのでしょうか。
菅田「作品としておもしろくなるのにこしたことはないんですが、あくまで瀬戸と内海の暇つぶしの会話ですから」
池松「そう、そもそも、ふたりに観客はいないですから。大森さんも言っていたんですが、“ふたりの世界でこちとらやっていかないと”と」
菅田「だから僕は正直、“笑い”について特別考えたりはしなかったです。原作のマンガの瀬戸と内海は、結構表情が動かず、淡々と喋っている感じで。最初はとりあえずそんな感じでやってみようと、考えたことと言えばそれぐらいで。でも結局のところ、原作のままやると実写では淡々とし過ぎてあまりおもしろくなくなってしまったんです。それ以降はあまり考え過ぎず、フラットでいこうと。普通に会話しようと。普通に内海の言葉を聞いて、自然に反応していったという感じでした」
池松「“漫才にしたくない”ということは、大森さんと僕らと、3人の共通言語としてあったんです。最初に大森さんからそういう言葉もありましたし。だから、決して“笑わそう”と思ってやったわけではなくて、普通に。そもそも、現場で喋っている時は僕は笑えなかったんです。というのも、大阪弁の練習のために、この映画の台詞を大阪弁で録音したCDをもらいまして。それを何度も何度も聞くから、おもしろいかどうなのかもうわからなくなっていたんです(笑)。だから映画を観た人に“笑いました”と言ってもらえるとすごくほっとするんですよ。“笑いをめざさないで”笑える映画になったということなので、僕らのやったことは間違いではなかったんだなと」
――大森監督の現場での振る舞いや言動で、他にも印象に残ったことはありますか?
菅田「監督は、いつもカメラの横ギリギリのところにいるんです。そこがすごくうれしかったです。緊張感と、“見てくれている”という安心感の両方を感じながら演じることができました。僕らふたりがやっていることがおもしろくなっているのかそうでないのか。新鮮さがなくなってはいないか。コントっぽくなったりしていないか…。そういうことを真っ先に監督が察知して教えてくれたので、演じる僕としてはすごくありがたかったです」
池松「一週間でしたから、たぶん大森さんの5%も見られてはいないんだろうと思いますが(笑)、それでも大森さんが監督として一番先に立っている現場の心地よさみたいなものは今回感じることができました。俳優から求められる監督だというのも、よくわかりましたね。やんちゃなチームのキャプテンみたいな感じで。いわゆる映画監督のイメージとはまた違う親しみやすさとほどよい距離感があって、僕らプレイヤーはその監督のもとで心地よく遊ばせてもらったという感じです」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。