エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「スピッツ」

インタビュー後記

DATA
取材日:2016年4月21日 都内某所

今号の表紙はスピッツ。
『FLYING POSTMAN PRESS』は1999年7月から毎月1回発行しているのですが、スピッツは過去最多5回目の表紙を飾っていただきました。ちなみに1回目は2000年7月、マサムネさんおひとり。
……と、つい過去を振り返ってしまいますが、なぜなら今号では今年開催20周年を迎える<ロックロックこんにちは!>のスペシャル号だから。
弊誌では長年【関西版】において、<ロックロックこんにちは!>のライヴリポートを掲載させていただいていたご縁もあり、20周年という大きな節目を前に“何かご一緒してお祝いをしたい!”という想いで今号の制作がスタートしました。

取材当日。通常の新譜アルバム取材とは違うゆるさもあり、写真撮影も対談取材も和気あいあい。その雰囲気は写真やインタビューからも伝わることだろうと思います(特に関西版!)。
ひと口に20年とは言え、思い出話はまったく尽きることなく、イベントを立ち上げた経緯や混迷期など、とても貴重なお話を聞くことができました。中でも印象に残ったのは、「なんでもそうですけど、“続けてるだけ”で意味があると思う」とおっしゃったマサムネさんのひとこと。そう、“止めること”のはとても簡単ですもんね。CD不況、出版不況下にある昨今、フリーペーパーを発行し続けていくのも大変なこと。この言葉はうちのスタッフにも大きな力になりました。

そんな取材の最後。部屋の電気が突然消え、ヘアメイク島さんへのサプライズお誕生日ケーキが登場! その場にいたみんなでお祝い。最後まで笑顔溢れるおだやかな現場でした。スピッツのみなさん、スタッフのみなさん、いつも本当にありがとうございます。
さてさて。まずはインタビューや豪華ミュージシャンから届いたお祝いメッセージを読んで<ロックロック>へのエンジンをかけていただき、本番への心の準備をしてくださいね!

FLYING POSTMAN PRESS 編集部

スピッツ
スピッツ
’87年に結成。言わずと知れた日本を代表するロックバンドで、来年バンド結成30周年を迎える。メンバーは、草野マサムネ(Vo.&G.)、田村明浩(B.)、三輪テツヤ(G.)、﨑山龍男(Dr.)。今年の7/27には、約3年ぶりとなるニューアルバム『醒めない』を発売予定。
http://spitz.r-s.co.jp

<ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special ~R2 need U, I need U~>
6/30(木)
 カジヒデキ/THE COLLECTORS/Spitz/真心ブラザーズ
 ライブナビゲーター:奥田民生/斉藤和義
7/1(金)
 赤い公園/ORANGE RANGE/Spitz/NICO Touches the Walls
 会場:なんばHatch
7/9(土)
 OKAMOTO’S/奥田民生特別企画 アコギブー/Spitz/RADWIMPS
7/10(日)
 キュウソネコカミ/Spitz/Mr.Children/MONGOL800
 会場:大阪城ホール
http://www.plumchowder.com/rockrock/20/
スタッフクレジット
Photo by Rie Odawara
Interview & Writing by Amy Nonaka
Styling by Hiroki Yokota(MASAKA inc.)
Hair&Make-up by Tetsuro Shima(juice)


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。