エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「flumpool」

自由に捉えてもらった方がリアルになる

――尼川さんは今回『産声』を作詞・作曲されてますね。
尼川「曲を作りたい気持ちはあったけど作れないと思ってたし、作れたとしてもflumpoolっぽくない意識があったんです。でも今回はあまり考えず、フラットに作ってみました。サビの感じとか道端でオーケストラが楽器を鳴らしてる曲のイメージがあったんです」
――歌ってみてどうでした?
山村「独特の符割が難しく、すっごく苦労しました(笑)。尼川節が炸裂だったけど、僕と一生のいつものやり方じゃない曲はとてもスパイスになる。凝り固まった中への変化球は、いい違和感として入ってきました」
――小倉さんが印象に残ってる曲は?
小倉誠司(Dr.)「やはり『とある始まり~』ですね。これが太い軸になってるからこそ、いろんな方向へと遊べて煌びやかな作品になったと思います。『とある始まり~』があったからこそ『夜は眠れるかい?』ができたし、『夜は眠れるかい?』ができたからこそ、他の曲が完成したので」
――そんなアルバムに付いたタイトルが『EGG』。
山村「最初話したように、いるものといらないものをちゃんと分けていきたいと考えたんです。守るものは守り、捨てるものは捨てる。その線引きみたいなものがひとつの丸に見え、そういうものを詰め込んだものがこのアルバム。でもそういった僕らの想いも、捉え方によって変わるものにしたいと思ったんです。強い意思があるものだからこそ、それを聴いた人の可能性や伸びシロがあるタイトルの方がいいなって。EGG=卵を見て、希望に見えるのか殻に閉じこもったものに見えるのかは人それぞれ。自由に捉えてもらった方がリアルなものになると思ったんです」
――新しいflumpoolの音を感じられたので、卵から生まれ出てくる印象でした。
山村「はい、正解(笑)。心理テストというか無意識なところを探れたらうれしいですね。答えは違った方がいいし、押し付けられた答えは違うと思うので」
阪井「今作は明らかに新しくなったことがわかるアルバムだと思います。意識したわけじゃないですが、3年半でここまで変わるんだって実感してます。今のバンドのモードで作ったらこうなった。新しいバンドの名刺代わりになったと思います。それだけ自信のある作品なので、今はなんでもできる気がしてます」
――そして約2年ぶりとなり全国ホールツアーもありますね。
山村「ライブハウスは勢いがあり、アリーナは派手さがある。そしてホールは繊細な音の追及ができます。このアルバムもそうですが、区切られた時間や空間の中で自分たちがどれだけ表現できるのか。音の力だけで感動させることは、とても挑戦しがいのあることだと思ってます」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。