エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「flumpool」

軸がちゃんとあったからこそ、振り切れた

――今までより骨太な感じもします。1曲目『解放区』からも解き放たれた幕開け感があり、生まれ変わろうとする力強さが伝わってきます。
山村「まさにそうですね。強い想いを放たなきゃいけないけど、その想いには区切りがあるというか。その区切られた中で想いを凝縮させていくことこそが、リアルにできることだと思ったんです」
――曲の印象はどうでした?
山村「“あ、自由に弾け出したなぁ”と思いました(笑)。いい意味で、曲に意図がない感じがしたので。一生の普段の生き方は、結果に向けて走っていくタイプで帳尻を合わせていくんです。バンドがこっちへ進むってなったら、困難の隙間を縫って進んでいくタイプ。僕は真逆で全部をなぎ倒し、どこへ向かいたいのかもわからない衝動的な感じというか(笑)」
――へー、意外。一般的なイメージはその反対かもしれないですね。
山村「おもしろいことに音楽ではその逆が出てくるんですよね。普段の生き方と真逆なものをやりたいのかもしれません。だからこの曲を聴いた時は、開放的な力強さも感じたんですが、自由に弾けた印象も受けました」
阪井「デジタル要素とバンド要素が重なった曲で、亀田(誠治)さんとやっていたTHE TURTLES JAPANで得たものも反映されていると思います。そういうことも含め、できることが格段に増えたましたね」
――よくぞ作れたなって実感した曲を挙げるなら?
阪井「flumpoolの真逆へと大きく振り切ることができた『夜は眠れるかい?』ですね。この曲ができたことで、自分の中で今回スイッチが入ったので」
尼川元気(B./以下、尼川)「確かに。この曲がなかったら、真逆のアルバムになってたよね」
スペシャルインタビュー「flumpool」
――亜人の主題歌を作ることはいつ頃決まってたんですか?
尼川「バンドの原点に立ち返ろうというモードの『FOUR ROOMS』のすぐ後、このお話をいただきました。打ち合わせ段階で先方から求められているものが今のモードと真逆だったので、正直無理かもしれないって話をみんなとしました。でも受けるからにはきちんとやりたかったので、思い切って真逆に振り切ってみることにしたんです。軸(『とある始まり~』)をちゃんと持っていたからこそ、反対側へ行きやすかった」
阪井「原作は読んでいたし、打ち合わせ段階でイントロのサイレンの音のイメージが湧いたので、一気に作りました。振り切るという意味では、全編ラップにするぐらい行き切ってみようかと思ってましたけどね(笑)」
尼川「それぐらい柔軟だよね、今」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。