エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「KANA-BOON」

自分たちがカッコいいと思うならそれでいい

――それにしてもKANA-BOONのファイティングポーズの取り方はかっこいいですよね。悔しさや怒り、孤独をポップに提示できる。
谷口「暗い曲を暗いままで出さないというポリシーみたいなのはあります。それはもうずっと。できあがった曲の華やかさとそこに乗せる歌詞のバランスやギャップは意識してますね」
飯田「でも自分たちのファイティングポーズや今のバンドシーンのことも、今回作る中で一切考えなくなりました。音を出して楽しいかどうか、自分が出す音にメンバーがどう反応するのか、自分のアレンジで楽曲がどうかっこよくなるのかが一番。自分たちがカッコいいと思うならそれでいいじゃないかって思いに至りました。しかも今回は溜めてた曲があったわけじゃなかったので曲作りに集中しいて、他のことを気にしてられなかったこともあります」
KANA-BOON
――10月からだと制作期間も短いですよね。
飯田「僕とこいちゃんはベーシックなので毎回早めに録り終わるんですが、今回はギリギリ(苦笑)。短期間でもクオリティの高い、自分たちが自信を持てる作品を完成させることができたので、新しい発見や気付きになりました」
――谷口さんが書く歌詞についてはみなさんどう感じていますか?
飯田「曲の雰囲気や今のKANA-BOONが出したい想いをきちんと書いてくれる信頼がとてもありますね」
小泉「『スタンドバイミー』はミーティング直後の歌詞だったのですごく響きました。『ランアンドラン』もそうですが、自分たち以外の人にも響く力のある歌詞。聴く人の力になる曲が多くできたと思っています」
古賀「昨年5月に出したシングル『なんでもねだり』で、すごくポップな歌詞が出てきた。昔は比喩的な歌詞が多かったけど、今は直球と比喩のバランスが取れた中間地点だと感じてますね」
――年明け早々にシングル、アルバムと続きます。今年も充実した1年になりそうですね。
谷口「そうですね。昨年のアルバム『TIME』もすべてを出し切ったとはいえ、まだ少しの余裕があった気がしますが、今回は本当に出し切りました。今は抜け殻(苦笑)。アルバムのテーマが見えたことで、“音楽を一番大切にすること以外はどうでもいい”っていうポジティブな開き直りができた。今の僕らが持つすべてが注ぎ込まれた1枚になりましたね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。