エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「パスピエ」

パスピエが語るmasterpiece

「僕のルーツはクラシックにあるんですけど、モーリス・ラヴェルの『ピアノ協奏曲ト長調』で表現されているようなことを自分の曲でできたら、死んでもいいかも」(成田)

「私は村上龍さんの短編小説集『とおくはなれてそばにいて』。彼の多彩な表現が1冊にまとまっていて、音楽でいうところのアルバムみたいな作品だと思います」(大胡田)

「映画『トゥルーマン・ショー』ですね。リアリティ番組で放送するために裏で操作された人生を生きる主人公を、大好きなジム・キャリーが演じている大好きな作品」(やお)

「the band apartの1st AL『K.AND HIS BIKE』。高校生の時に組んだバンドで彼らの曲を必死でコピーしたことが僕の音楽人生の始まりなんです」(露崎)

「僕は、荻原浩さん原作の映画『明日の記憶』。若年性アルツハイマーを患った主人公の話なんですけど、僕はエモい話が大好きなので毎回号泣します」(三澤)


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。