エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。ターンテーブルユニットKireekのDJ HI-Cが次に手紙を書いたのは、HIP HOP兄貴ことSHINGO??西成! 両者ともに大阪発、宇宙を舞台に活躍するミュージシャンだ。

手紙を書いた人
HI-C from Kireek
手紙を受け取った人
SHINGO☆西成
プロフィール
HI-C
幼い頃から耳にしていたTVゲームの音楽やTVから流れる音楽に影響を受ける。さまざまなジャンルを吸収した音楽性、それらを再構築するビートジャグリング、独自のスクラッチを持ち味に、数々のバトルに参戦。’02年、盟友YASAとKireekを結成。
http://www.plantrec.com

手紙を拡大

▼SHINGO☆西成からの返信
まいど! DJ HI-C!
だれや? だれや? ってオレやオレ!
お前に手紙書くというこのミッション!!
何やねん!! このフリーペーパーもオレに手紙書くお前もブッ飛んでてエエやん! エエやん!

KIREEKでもDJ HI-Cでもお前らの才能と有言実行、確実に一歩一歩自分らを磨いて進化させていく姿に、年上とか年下とか関係なくホンマ刺激とパワーをもらってるで!! おーきに108%!!

卍LINEとお前とオレでフューチャーな話をしてから時代や人が便利と感じるモノの進化はハンパないが、オレらは全然変わらへんなぁ…。
アホでよかったなぁ・・・。ドアホでよかったなぁ…。
こんな時代やからこそ“ブレない”精神が大切。
心斎橋OPA前にいるネエちゃんを見る時はブレてエエんやで。ホンマofホンマ!!

砂時計な資源・・・地球は子宮・・・生き方自由・・・フリーメン・・・まるで風まかせ・・・風船が気球・・・わびさび・・・オレらは・・・千利休・・・のように茶室を宇宙に見立てて、クラブやフェスを宇宙に見立ててみんなをワクワクドキドキさせよう!!
これからの時代はネットではなくテレパシーや!!
瞬発力と爆発力とスタミナと哀愁がキーワード!!

宇宙田★NASA太郎より
――SHINGOさんと知り合ったきっかけ、第一印象を教えてください。
「友だちのDJ 城家が主宰のイベントに遊びに行った時、西成繋がりの先輩として遊びに来てたSHINGO兄やんを紹介してもらったのがきっかけでした。第一印象は、HIP HOPの体現者! (服装も足下までバシッと決めたstyle&筋肉の半端なさ&綺麗な外人の女性を連れ)って要素が、当時ひよっ子の自分にはrealでした(笑)」
――HI-CさんにとってSHINGOさんはどんな存在ですか?
「今や日本を代表する、”泣く子も笑う”偉大なラッパーでありながら、身近な頼れる兄、時々アホな話も交わせる兄弟みたいな存在」
――もし同級生だったらどんな関係だったと思いますか?
「親友、ライバル、相方」
――SHINGO?さんに何か1曲送るならどんな曲?
「『ありがとう』/井上陽水&奥田民生。
音楽&ライブ&ボランティア活動を通じて、たくさんの人によいエネルギーを伝えているので、みんなの気持ちを代弁するとまさにこの曲かな」
――自分と“似ている”と思う部分はありますか?
「似ているとは少し違うかもしれませんが、うちのオカンが阿倍野の松虫中学校出身で、兄やんの先輩にあたるんです。なので、西成エリアで育ったオカンのDNAが自分にも入ってるので、シンパシーを勝手に感じてます。ちなみに今も西成エリアに住んでいる叔父は兄やんのこと、“西成king”って呼んでます」
――SHINGOさんの意外な一面があれば教えてください。
「僕はよく宇宙の話や“自分視点”の話をするのですが、“出た! またそんな話や!”と言いつつも少年の眼差しで興味津々で聞いてくれるところ。もはや、会話していてノってる時は完全に少年ヴァイブス感じます(笑)」
――もし一緒に音楽をするならどんなジャンル、パートをやってみたいですか?
「テクノ! あんまりマシーン触ってるイメージがない兄やんなので、アナログ・シンセサイザーで演奏してもらいたいです(笑)。で、僕は電子ドラム叩いて人力で80年代テクノポップを奏でられたらおもしろい!」
――SHINGOさんを一言で表現するならどんな言葉が思い浮かびますか?
「感情」
――お付き合い中で印象に残っている言葉はありますか?
「“ブレない”」
――SHINGOさんの愛すべき部分、尊敬する部分はどんなところですか?
「SHINGO☆西成を太陽とした、“西成系”とでも言うような形があり、音楽、ライブ、地元・西成でのボランティア活動を通じて多くの人に“光”を届けているところ。兄やんは自分でも言うてはりますが、まさに“下町の焦げたアンパンマン”」

次回は、「SHINGO☆西成」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。