エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

この夏も大型フェスで大暴れする予感しかない、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しているMY FIRST STORY。8/5にリリースされる彼らのニューシングル『ALONE』は、学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の2015年度TVCMタイアップ曲であり、今後の代表曲になるであろう最強のキラーチューンだ。新作について、現状について、そしてマイファスの未来について————。

完全なる理想形が見えた瞬間、満場一致で即決

――それぞれ色の違う3曲が収録された最強のシングルが完成しましたね。どんな1枚になったと思いますか?
Hiro(Vo.)「間違いなく過去最高のシングルになりました。デモの段階から相当かっこよかったんですが、きちんとレコーディングをしたら、本当にヤバい曲になりました。そんなことってあんまりないんですよね、所謂“大化け”すること。いつもファースト・インプレッションの“いい!”という直感を信じて制作するので、ある程度音像が見えてたりする。でも今回は楽器のプレイもボーカルも歌詞も、すべての面においてポテンシャルとクオリティの高いものが完成したと感じています」
――ハードなイントロから、圧倒的なサビ。聴いてるとゾクゾクしますね。
Hiro「そうですね。『ALONE』は特に、サビの入りやそこにどんな歌詞を持ってくるかをとても大切にしました。Recしていく中で完全なる理想形が見えた瞬間があり、満場一致で即決。だからこそ思い入れもあるし、今、話しながらも思い出すとテンションの上がる曲になりました」
Nob(B.)「今までベースは1本の音で弾いてたんですが、今回初めて2本録って重ねました。“オーバードライブ”という歪みを効かせた音作りで、シンプルだけどすごく深みと広がりがある。マイファスのバンドサウンドに初めて自分流のテイストを加えた曲でもあり、新しい挑戦ができました。レコーディングも楽しかったですね」
Masack(Dr.)「デモを聴いた時からすごくライブが想像できる曲で、これからの僕らにとってキラーチューンになっていくだろうと直感しました。リリース前にも関わらず、ライブで披露したら、お客さんがとても盛り上がってくれたことも確信に繋がりましたね」
Teru(G.)「僕の中で『ALONE』は、“ザ・男気”みたいな印象がある曲。今まで一番好きな作品になりました。あと、PVもすごい作品に仕上がってるので、こちらも楽しみにしていてください」
Hiro「楽器のプレイはもちろんですが、曲を聴いてもらうと1stの頃からの声の進化も感じてもらえると思います。『ALONE』とは対照的な2曲目の『失踪FLAME』も僕たちらしい一面が全面に出た曲になりました」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。