エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「降谷建志」

“話してる温度と曲の温度が同じ”って言われるのが理想

――このアルバムは聴けば聴くほど長い付き合いができるタイプの作品だと思う。
「うん、そう思う」
――それは言い換えるなら“普遍性”に繋がってくると思うんですけど、そういう作品を作りたいという意識はあった?
「いや、それはない。この前、いとうせいこうさんとお話する機会があって。せいこうさんがヤン富田さんと『MESS/AGE』というアルバムを作った時、“10年後も古くならない作品にしよう”って話をしたんだって。その話を聞いてすごいなと思ったんだけど、そういう感覚は俺にはないのね」
降谷建志――実際にあのアルバムは日本語ラップ史における重要な教科書のような作品になっていて。
「10年後も古くならない作品って考えると、その時点では受け入れがたい要素も多分に含まれてくると思うんだよね。それはアーティストとしてよほどの覚悟がないとできないことだなと。もちろん、願わくばエバーグリーンでエイジレスな作品を作りたいけどね。でも曲を作ってる時にそういうことは考慮してない」
――でも長く聴ける作品になった実感はあるでしょう?
「ある。全部の楽器を自分で演奏すると、どうやっても背伸びはできないから自分にしかならない。だからこそふてぶてしくもなく、へりくだるわけでもない、普通に俺が立ってる音楽になるんだよね。だから俺自身は長く聴けるものになったなと思う。俺は、アートの理想はその人の人間性が表出することだと思うから。“あなたが話してる温度とこの曲の温度は同じだね”って言われるのが理想なんだよね。さらに、このアルバムは処女作だから自分の中でど真ん中なものにしようという意識はあった。それが結果的にエバーグリーンでありエイジレスな作品だと思ってもらえる要因になってるなら喜ばしいよ」
――ベースはバンドサウンドなんだけど、そこには降谷くんのフェティッシュな構築美が貫かれていて、歌詞はシンプルかつストレートに自らの人生哲学を綴っている。これが降谷くんのアートの源泉なんだって思った。あなたはやっぱり誠実な音楽家でありメロディメイカーでありリリシストですよ。
「ありがとう(笑)。歌詞に関してはストレートにならざるを得ないよね。多少英語で逃げてる感じも否めないけどね。ホントはこれを日本語で、日本的なメロディで歌えたら、日本人のアーティストとしてはカッコいいと思うんだけど。そういう意味ではアートフォームを優先したとも言える。ここからソロの曲作りを重ねていって、日本語ともきちんと対峙して成長していきたいと思うな」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。