エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

降谷建志名義で始動したソロプロジェクトは、彼のソングライターとしての原風景を追体験するような感触に満ちている。詞、曲のみならず、すべての楽器演奏とエディットも自らで担うという完全なるソロワーク。記念すべき1stアルバムのタイトルは、『Everything Becomes The Music』=“すべては音楽になる”だ。

ひとつの楽器を弾くのも毎回敗北の連続

――このアルバムこそまさに“降谷建志の実像”だと思う。降谷くん自身の感触はどうですか?
「感触? ここまでD.I.Y.な作品だと俯瞰で捉えるのは不可能だよね(笑)。全部自分でやってるわけだから」
――主観の塊でもあるし。
「そうそう。裏を返せば、それだけ自分感が強い作品であることは自覚してる。もちろんDragon Ashも自分の音楽人生にとって大きな武器ではあるんだけど、平凡な言い方をすればソロは等身大だよね。リアリティの塊とも言えるけど」
――そういう作品をクリエイトできた充足感は当然あるだろうし。
「うん、それはあるね! ひとつの楽器を弾くのも毎回敗北の連続なんだよね。だからこそ進歩していく。最初、俺はベーシストから音楽人生が始まったんだけど、“なんでフリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)みたいに弾けないのかな?”って思ってた。でも、今も変わらず人一倍練習するタイプだから、そういうコンプレックスによっていつの間にかいろんな楽器を演奏できるようになって。気が付いたら、それが音楽家としてのストロング・ポイントにもなっていたからね。例えば人のプロデュースができたりね。歌だけで全部表現できたら楽器を弾く必要もないし、ひとつの楽器だけで自分を表現できたら、他のことをする必要もないわけで」
――そういう自分をストレートに表現すれば、自ずとDragon Ashとの違いは生まれるしね。
「そうだね。Dragon Ashはメンバーもスタッフも愛を持って続けているバンドであり、俺もその一部。で、Dragon Ashのメンバーやスタッフのことを好きと言うのにもすげえ重みがあって。既にバンドでいろんな景色を見てきたけど、好きだからやってることがクールだと思ってる。それは男気だよね。ライブが顕著だけど、Dragon Ashでしか見れない景色が間違いなくあって。男も女も客がみんないい顔をして、ステージに向かって(ダイブで)泳いでくる景色なんてロックバンドでしか見れないからね。ソロではそこと勝負するつもりもないし、まったく違うベクトルにあるものなんだ。ソロは完全に俺のエゴだし、俺の音楽的な好奇心を満たすためにある」
――降谷くんは“俺は音楽に依存してる”って言うもんね。だからこそ『Everything Becomes The Music』=“すべては音楽になる”わけで。
「そういうことだよね。降谷建志というプロミュージシャンにとって一番イライラするのは、曲を作りたい時に作る時間がないという状況なのね。それが一番のストレス。それは俺が音楽中毒だからなんだけど」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。