エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「チャットモンチー」

“歌詞になる”ことを西 加奈子さんにも喜んで欲しかった

――女の子ならではの“波紋”を特に感じた曲とは?
橋本「『最後の果実』かな。“完璧なアイドルっぽい曲”って世武ちゃんたちに伝えたら、“OK!こんな感じ?”って最初に弾いたのがあのイントロだった。愛子ちゃんもこちらが全部言う前にめっちゃいいフレーズを叩いてくれて、このふたりは本当にすごいなって改めて思いました」
――『例えば、』は、作家・西 加奈子さんが作詞されてます。
橋本「もともとすごく西さんの作品が好きだったので、“思うままに書いて下さい”ってお願いしてみました。西さん自身、昨年作家デビュー10周年を迎えられ、チャットも今年10周年。サビ部分の歌詞が私たちとも重なって、“この歌詞を今歌えるのってすごい!”って感動しましたね」
福岡「“歌詞”というかやっぱり短編みたいに読めますよね。いただいてまず、“ちゃんと曲にしたい”って思いました。書いていただいた文章が“歌詞になる”っていうのを、西さんにも喜んで欲しかったですし、チャットが他の人の歌詞をやるのも初めてなので、“この歌詞と一緒にチャットの曲になりたい”とも思ってました」
――だからこの曲はふたりでやったんですか?
橋本「歌詞をいただいて曲を付けてる時、“これは西さんとふたり以外のものはいらないな”って思ったんです。はい、カンです」
――チャットのふたりがいたら、ミュージシャン以外の方が参加してもチャットの音が鳴る。すごいですよね。そして最後『ドライブ』もふたりです。
「チャットモンチー」福岡「これはライブ的な感じで一発録りした曲。活動休止する直前のツアー中に、どうしても何か1曲作りたくて、その時にえっちゃんが弾き語りしてた曲です。今後ふたりで音楽をやっていくにあたって感じていた想いが曲になってます」
――今のおふたりにとって“バンド”ってなんだと思いますか?
福岡「なんやろ…。バンド名って大きいですよね。名前で意識が変わるというか。バンドの形態や内容が変わったとしても、その看板を掲げている以上は変わらない。こちらの意志で変える時にバンドが変わる気がしますね」
橋本「手グセとか好きなコード感はあるんですけど、いろんな人とやることによって変化していってて。人のおかげで、自分もチャットもバンドとしていろいろ変われたりしています。それはすごくうれしいことですね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。