エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「野村周平×二階堂ふみ」

「アーティストと俳優というのは、まったく違うものなんだなと」(二階堂)

――本作には、本職のミュージシャンの方もたくさん出演しています。刺激を受けることも多かったのでは?
二階堂「そうですね。犬レイプのボーカル役のThe SALOVERSの古館(佑太郎)君が、ムチャクチャお芝居がうまいんですよ」
野村「そうだよね。古館君もうまいし、ザ・ロックンロールブラザーズのドラム役の黒猫チェルシーの岡本啓(佑)ちゃんとかもすごくうまくて。音楽もできて芝居もできるって、ズルイなって思いました(笑)」
二階堂「岡本さんは、最初は全部棒読みだったんですけどね(笑)。リハーサルの時に“待て、こいつらは童貞だけど俺は違う”という台詞を、度が過ぎた棒読みで言われた時には“なんて人連れてきちゃったんだろう?”とも思ったんですけど(笑)、それがとてもよかったです」
――すごくいい味出していましたよね(笑)。
二階堂「そこがまた悔しいんですけど、あれは俳優には絶対できない演技なんです。あの独特の間は、俳優には絶対出せないと思う」
野村「本当にそうですね」
――その逆に、俳優であるおふたりが演じるライブシーンも見事でした。臨場感があり、かつすごくリアルで。
野村「ありがとうございます。臨場感が伝わればと思っていたのでうれしいです」
二階堂「アイドルとしてのライブシーンはすごく楽しかったです。実際にホールに1000人のお客さんに集まっていただいて撮影したんですが、ハネ返りがすごかったです。俳優として舞台をやっている時とはまた違う感覚を体感できたのは貴重でした。アーティストと俳優というのは、まったく違うものなんだなと今回の役を演じて強く感じて。集まっていただいた人たちをどこまで高揚させられるかというのも難しい課題ではあったけれど、楽しんでできたのでよかったです」
野村「宇田川咲のライブシーンは僕も客席で実際に観ていて。本当にすごかった! 全然安くない、本当のプロという感じ。生半可なアイドルじゃないなって思いました」
二階堂「私もザ・ロックンロールブラザーズのライブを観て感動しました。特に咲が観た2回目のライブがよかった! 完成した映画を観て、その時のライブを観ている咲の表情がよかったと言ってくださる方が結構いらっしゃるんです。ザ・ロックンロールブラザーズのライブは、宇田川咲のライブとは対照的。だからこそ、お互いの魅力を引き出し合っていると感じます」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。