エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「ゲスの極み乙女。」

グダグダ考えていたことはホントにどうでもよかったというか
“よい音楽をただ作ればいいだけだ”と思いました

――それはすごいですね。川谷さんの中でバンドに対する愛着みたいなものは変わってきたのでしょうか?
川谷「以前は“ゲスの極み乙女。というプロジェクトに沿って、なにかおもしろいことをしよう”みたいなところがあったんです。けど最近はあんまり。…今まではウソがあったという言い方は悪いですが、自分の感情を出しているようで出していなかった。第三者的に批判してるような歌詞とか俯瞰で見ているような歌詞とかを書いていました。でも前作のシングルに入っている『だけど僕は』(1stシングル『猟奇的なキスを私にして』収録)っていう曲の歌詞を描いてる時に、割と自分を全面に出したんです。それができてから、今なら自分の感情とか方向性をバンドに入れてもあんまり違和感がないというか、むしろ入れたいと思うようになったんです。だから今までよりもちゃんとバンドになったなという感覚があります。そういう意味で変わりましたね」
――とは言え、そこには川谷さんならではの仕掛けがあると思っていて。切なさが因数分解されていくような感覚を味わいました。
川谷「うん、そうですね。でも“切なくしよう”とかって思っているわけではないんですよ。そういうメロディが好きなんでしょうね。具体的な音程とかじゃなく、僕の中で“これ”っていうのがあるんですよ。そこにハマんないと自分がイヤだから、自分の好きなところが重要なポイントになる。そのポイントが切なく聴こえるのかもしれないですね」
――歌詞で心情を吐露してみて、何か新しいことが見えてきましたか?
ゲスの極み乙女。川谷「自分が今までグダグダ考えていたこととか、ホントにどうでもよかったというか。“よい音楽をただ作ればいいだけだ”と思いましたね。シングルでのドラマタイアップなどもあったので、より多くの人に響くようにとかは考えていましたけど、実際メンバー4人とも特にアンダーグラウンド思想な人たちじゃないし、もっといろんな人に聴いて欲しいって素直に思っています。だから自然な流れだったというか。だから僕自身もそうですけど、普通にバンドの成長期のアルバムなんじゃないかと思いますね」
――なるほど。“シーンでのダンスロックとしての役割終了”って言うと言葉が強いですが、うちは先行きますよっていう強い意志も感じました。
川谷「というよりも、ダンスロックとか四つ打ちって言われてるもの…まあ四つ打ちって言葉自体がおかしいし、その四つ打ちっていうものがよくわからないものになってしまった。そもそもゲスの極み乙女。はそこに加担したかったわけじゃないですし、もうそういうのはいいかなと思いましたね。“先に行くよ”とかじゃなく、そもそも他のバンドとは違っていたというか。もともと思ってたことが今表面化しただけなんだと思います。4人とも音楽が好きで、いいもの作りたいっていう自然な流れ。ライブやフェスなどもいろいろ出させていただき、たくさんの経験をさせてもらった。そういうところで気付くこともあって、それが今回のフルアルバムに繋がったんじゃないかな」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。