エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

高い演奏スキルやアレンジセンスで毎回リスナーを驚かせてきたゲスの極み乙女。が3rdミニアルバム『みんなノーマル』から半年という短いスパンで、1stフルアルバム『魅力がすごいよ』をリリースする。音楽のために磨かれたスキルと切なさが強く心に残る内容への変化は驚きを伴う。果たしてその理由とは…?

誰かを皮肉ったり、バンド名に引っ張られてるような歌は
とりあえず今回やらなかった

――ゲスの極み乙女。を聴いて泣くことになるとは思いませんでした(笑)。
一同「ははは」
――1stフルアルバムということで川谷さんの中に作品全体のビジョンはあったんですか? それともやっていく中で生まれてきたもの?
川谷絵音(Vo.&G.)「最初からメロディックにというか、ラップってスタイルを捨てるっていうか、なんらかのマスな方向へ向けるっていうのはあったんですが、こんなに歌詞が暗くなると思っていなくて」
――暗いというか、内省的ですね。
川谷「はい。でもそうするつもりはあまりなかったんですよ」
――完全にラップがなくなってるわけではないと思うんですが、これまでの演奏スキルやファンク的なビートが立つ作品性とは一線を画していますね。
川谷「そうですね。演奏自体はより研ぎ澄まされたというか。“いいものを作る”という意味での進化はそれぞれありますが、歌に関して言えば今までとはちょっと違っていて。歌詞が内省的なんで、より個人としての歌になりましたね。誰かを皮肉ったりとか、ゲスの極み乙女。って名前に引っ張られてるような歌はとりあえず今回やらなかった。それは自分と向き合う時間が多かったので、そういう歌詞に自然となっていったんだと思います」
――例えば、チャートで1位を獲りたいというような以前の野望は薄れてきたんですか?
川谷「“1位を獲るためにとかではなく、いいものを作ればいいだけの話だ”って、この作品を作っていて思ったんです。もっとエキセントリックなことをした方が目立つっちゃ目立つし、僕らに『キラーボール』(2nd miniアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』収録)みたいな曲を求めてる人は多いと思います。そしてそういうのをやるほうが手っ取り早いと思うんですが、今回はそういうモードではなかったですね。その場、その瞬間に考えたことが全部、作品に入っています。ただただ自分がやりたかったこと、感じたことを入れ込んだので、正直今は“1位になりたい”とか考えてないですね」
――川谷さんから曲が上がってきた時の印象はいかがでしたか?
休日課長(B.)「最初の印象というより、スタジオで作っていく中での変化のほうが印象深いですね。曲それぞれ作り方が違う感じで進んでいき、リズム隊を録り終わり、最終で歌が乗った時は最初にあったフレーズやAメロが随分と変わってたりして、“うわっ!!”と思う瞬間がとても多かったです。すごい短期間に大きく変わり、どんどんよくなっていった印象です」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。