エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。RIKI HIDAKAが次に手紙を書いたのは、東京事変のギタリスト・浮雲としてもプレイし、現在は自身のバンド・ペトロールズのギター&ボーカルを務める長岡亮介!

手紙を書いた人
RIKI HIDAKA
手紙を受け取った人
ペトロールズ長岡亮介
プロフィール
RIKI HIDAKA(リキ ヒダカ)
‘91年、東京生まれ。2枚の自主制作アルバムを限定販売し、即日完売に。フリー音楽サイトでも楽曲を公開しており、ジャケットのアートワークも自ら手がける。4/19に12インチアナログ盤『POETRACKS』をリリースし、<-WEST JAPANA TOUR-BE QUIET>を終えたばかり。
http://rikihidaka.com/

手紙を拡大

▼ペトロールズ長岡亮介からの返信
ヒダカ、お手紙どうもありがとうね。

お手紙なんてなかなかもらわないでしょ、このご時世。

とくに直筆のやつなんて。うれしいものですね。
直筆っていう言葉でふと思ったけど、ヒダカは何でも直筆だね。

ヒダカの作品すべて、音楽でも絵画でもオブジェのようなものでも、ヒダカでしかないんだよな。

浮かんだまんま、カタチにしちゃうような印象。
そんなやつはなかなかいませんよ。

けど、本来アーティストってそういうものだと思う。
かっこいいんだよ。やるじゃん。

こないだ見に行った個展の時にあったやつ、Lou Reedが亡くなった時に作ったっていうやつ、あれよかったよなぁ。

あとその時に一緒に展示してあったテーブルもよかったよ。
なんでかね、なんかわかんないけどいいんだよね。

うちのテーブルそろそろ捨てて、ヒダカのやつにしたいな。売ってくれ。

そういえばアメリカに行くんだってねえ。いいねぇ。
どこにいてもヒダカはヒダカなんだろうなー。
常にそうあり続けるってことは楽じゃないだろうけどね。

グッラ!
――長岡さんとお知り合いになったきっかけは?
「GARAGEに入り浸るようになって自然とお知り合いなりました」
――長岡さんの第一印象を教えてください。
「シュッとしている」
――HIDAKAにとって、長岡さんはどんな存在ですか?
「ラスボス。…すいません、わかりません(笑)」
――もし同級だったらどんな関係だと思いますか?
「あまり接点がないままの関係のような気もします」
――自分と“似ている”と思う部分はありますか?
「ギターが好きなとこ」
――逆に似ていないと思う部分は?
「ギターのプレイがめちゃくちゃすごいとこ」
――HIDAKAさんだからこそ知る、長岡さんの意外な一面があれば教えてください。
「知らないです(笑)」
――長岡さんを動物やキャラクターに例えるとなんだと思いますか?
「忍者。トンボ」
――お付き合い中で、印象に残っている出来事はありますか?
「バスに乗り国道246を走っていてふと窓の外を見たら、すごくかっちょいい車が走ってた。で、運転席を見たら亮介さんが運転してたことがありました」
――長岡さんの愛すべき部分はどんなところですか?
「職人気質」

12インチアナログ盤 『POETRACKS』 ¥2,600(税別) ※now on sale

次回は、「ペトロールズ長岡亮介」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。