エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「NICO Touches the Walls」

お客さんと盛り上がるポイントを確認してきたその歴史が選曲の基準

――(笑)。ベストアルバムも聴き進めていくと、最新作から初期作品へと遡っていく選曲になっていますよね。
光村「はい。時系列で並べて、いい意味で肩の力が抜けた最新作から、作品を遡ってどんどん濃厚な世界へと導く構成というか(笑)。今回はシングル・コレクション的にするのは絶対にイヤだったんですね。その上で、僕らはずっとライブをやってきたバンドなので、お客さんとライブで盛り上がるポイントを確認してきたその歴史をパッケージにするということが選曲の基準になったんですけど、今回の選曲を通じて、変化した自分たちのスタンスに気付けたこともひとつの収穫でしたね」
――同時に光村くんの歌詞は、言葉のチョイスや比喩表現がどんどん磨かれていっている印象があります。
NICO Touches the Walls光村「周りにどう言われようがその点は曲げずにやってきたところなので、そう言っていただけてうれしいです。今は世の中的に語り口調だったり、丸い歌詞が増えていると思うんですけど、自分なりに歌の中だからこそ輝く言葉や比喩表現を形にするという行為はひとつの発明だと思っているし、僕たちの曲を人に聴いてもらいたいという大きなモチベーションでもあるんですよね。だから今後も歌詞にはこだわっていきたいですね」
――そして、1曲目『ローハイド』と17曲目『パンドーラ』は初登場となる新曲です。
光村「僕の中で“ベストが出るということは解散!?”っていう印象があるんですけど(笑)、そうじゃないぞ!、と。このベストを通過点として、“まだまだ走っていきますよ!”ということを新曲を通じて宣言したかったから、その気持ちで『ローハイド』を書きました。もう一曲の『パンドーラ』は、映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』のイメージソングのお話をいただいたので、『ローハイド』と同じ時期に作った曲の原形を元に急遽作ったんです。僕らの中でこの曲は、インディーズ時代の一番最初の曲にあたる『そのTAXI,160km/h』と曲の雰囲気が近いというか、聴く人には『そのTAXI,160km/h』の今の姿を『パンドーラ』として捉えてもらえたらいいなと思ってますね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。