エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「Dragon Ash」

今このタイミングで『THE FACES』ってタイトルのアルバムを作れてよかった

――『Introduction』からの『The Show Must Go On』で幕を開け、『Curtain Call』で幕を下ろす構成で包括できたのも大きいですね。
Kj「この2曲があることでトータルの完成度をググッと上げてるよね。『The Show Must Go On』は、『THE FACES』というアルバムタイトルを決めてから『Introduction』と一緒にBOTSくんに渡して、“FACE”という声が入ってるSEの素材をいっぱい拾ってきてもらった。この『Introduction』もすげぇ気に入ってるんだよね。めちゃくちゃ混沌としていて、明るいか暗いかも定かではない状態でどう前に進んでいいかわからない。でも、だからこそ大爆発するエネルギーを示すというか。『Curtain Call』はね、最初ピアノだけのインストにしようと思ってたんだけど、作ってる最中に歌も乗せようかなと思ってこういう形になったんだけど」
――結果的にアルバムを締めるにふさわしい壮大な楽曲になった。
Kj「そう。珍しく歌詞もすぐ書けて。“thank you for coming and I hope to see you again ねぇいつの間に 束ねた思い 置き去りにして”っていうラインを強調して聴いてもらいたかったから、その他の歌詞はシンプルに書いた」
――“そう笑って終わりにしよう goodbye”というフレーズを深読みするファンもいるんじゃないかと思うんですけど。
Kj「このフレーズは舞台を観に来てくれた客に言ってる設定なんだけど——―でも正直、これが最後のアルバムでもいいと思えるくらいの充実感があって。まあでもライブのラストに、ヘッズたちに向かって感謝を込めてこのフレーズを言いたいという想いですね」
――アウトロのギターソロもすごく感動的でグッとくるんですけど。
HIROKI(G.)「ありがとうございます。ノイジーな中に美しさを出せたらいいなと思って。デモができた時は歌が入ってなかったから、“アウトロでソロを弾いて”って言われた時は焦ったんですけど(笑)、壮大な曲のイメージに沿うギターが弾けたと思います」
――『THE FACES』というタイトルに込めた想いを聞かせてください。
Kj「顔はそれぞれひとつしか持ってないけど、角度によってすごく多面的なもので。誰もがいろんな表情を持ってる。それにこのアルバムにはこれぞDragon Ashだっていう曲が連なっているしね。超至近距離で“俺だよ!”っていう(笑)」
――新たな始まりの1枚でもありますね。
Kj「そうだね。10枚目のアルバムだけど、6人のDragon Ashにとってはこれが1stだからね。堪能してもらいたいよね」
――アルバム10枚を重ねて、音楽的にもバンドの歴史においてもさまざまな変遷を経てきましたけど、一貫してこのバンドが貫いてきたことはなんだと思いますか?
Kj「メンバーが増えて去年ひとり喪ったんだけど、その都度、このメンバーでやり切るってことだろうね。THE BLUE HEARTSの歌詞に、“おもしろい事を考えて みんなを楽しくさせたいな(『ながれもの』)”ってあるけど、まさにそういうこと。俺もメンバーも楽しく音楽をやりたいし、リスナーを楽しませたいしね」
桜井「好きで音楽を始めて、それが自分の職業になった。こんな幸せなことはないですよね。だからこそ、ここまでくるとファンの人たちの顔もすごく大事に思えるし。今このタイミングで『THE FACES』っていうタイトルのアルバムを作れてよかったです」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。