エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「Dragon Ash」

今のDragon Ashだからこそ鳴らせる音楽
その決定的なアティチュードのひとつが『Golden Life』

――ここで幕を引いてもいいとさえ思ってたんですね。
Kj「その時はね。バンドマンとしては幸福じゃん? 金を稼いでいろんな人に作品を評価されて、いろんなフェスにも出させてもらって。“ジャンルとしてこれ以上何があるの?”っていう話だから。絶対的にこれが一番好きだからやめられないとか、そこまでのアティチュードと覚悟がないと次には行けねぇなって。そこからいろんな出来事があって、活動が止まったりもして。結局前作から3年かかったんだけど、完成するまで制作においてあらゆる面で枯渇しなかったのはすごく喜ばしいことだった」
桜井(Dr.)「今回、曲順が最後の最後まで決まらなかったんですよ。それくらい1曲1曲の個性が強いから。野球の打順に喩えるなら、みんなが打ちたがってる(笑)。俺的には10曲目の『Golden Life』が肝だと思っていて、この曲にはすごく強い光がある。だからこそどこに入れるかが難しかったですね」
――『Golden Life』はすごくやさしくてタフな歌。ミディアムな楽曲でここまで力強い光を放てるのが今のDragon Ashだなと思う。
Dragon AshKj「この3年の間にメンバーだけではなく、長く担当していたディレクターも亡くしたんで。新しいディレクターが入って、その人に“何か意見ある?”って訊いたら、“ミドルテンポでLifeという言葉が入っていて、いろんな経験をした人間として人生を描いている歌が聴きたい”って言われた。そしたらね、いろんな悲しみも経験したけど、俺の心の中には確かな財産があるなってことに気付いて。あと、俺は色弱だから実際の金色ってどういう色かわからないのね。いろんな色が相まって俺にとっての金色になってるから。でもそれは誰にとってもそうなんじゃないかなと思って。俺はバンドで勝負する上で、ルーキーもベテランも関係ないと思ってるけど、少なくともこれはルーキーに歌える曲ではないと思う。もちろん今の俺もルーキーだからこそ歌える曲は作れないんだけど。だからこそ、今のDragon Ashだから鳴らせる音楽、その決定的なアティチュードのひとつがこういう曲なんじゃないかなって思うんだよね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。