エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルコラム「三浦春馬」

インタビュー後記

DATA
取材日:2013年12月2日(月) 都内某所にて

今月の表紙には映画『永遠の0』より、俳優の三浦春馬さんが登場。映画の完成披露試写会開催日にインタビュー&撮影に応じていただきました。
今号のテーマはSTORY。そして『永遠の0』で三浦さんが演じたのは、戦死した実の祖父の真実の姿を追う青年。いわば、“祖父のSTORY”を追う青年役です。
ということで、今回は“STORY”をテーマに撮影。「思いを馳せる、そんな表情を撮りたい」とリクエストすると、「難しいな…」と言いながらもさまざまな表情を浮かべる三浦さん。
光を背負っては憂い、仄暗い中で目に強い生命力を宿し、色鮮やかなSTORYを紡いでいきます。映画の中で演じた役柄がそうであるように、FLYING POSTMAN PRESSでも、見事“ストーリーテラー”の役割を果たしてくれた三浦さん。4枚の写真から、みなさんどんなSTORYを感じましたか? 素敵なSTORYを味わっていただけたなら、そんなにうれしいことはありません。
若手演技派の筆頭。近年では舞台も多く経験し、“歌とダンス”でSTORYを伝えることの楽しさも知ったそうです。変化…というよりは“進化”でしょうか。三浦春馬さんは、これからもどんどん進化していくはずです。軽やかに、しかも見守るこちらの予想を遥かに上回るペースで。2014年も、三浦春馬さんを見つめていきましょう。

FLYING POSTMAN PRESS 編集部

三浦春馬
三浦春馬(みうら はるま)
’90年、茨城県出身。映画、舞台、ドラマと幅広く活躍する若手演技派。映画近作に『君に届け』(’10)、『東京公演』(’11)、『キャプテンハーロック』(’13)。本作に続き、’14年1月より主演ドラマ『僕のいた時間』(フジテレビ系毎水22:00~)が始まる。
『永遠の0』
『永遠の0』
’13年/日/144分
監督・VFX:山崎 貴
原作:百田尚樹『永遠の0』(太田出版)
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、他
※12/21(土)より全国公開

スタッフクレジット
Photo by Rie Odawara
Hair&Make-up by AZUMA(Supersonic)
Styling by 高橋ラムダ(白山春久事務所)

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。