エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「LGYankees」

僕にはない音楽性とグルーヴをナンツーは持ってる

――いやいや、HIROさんが音楽でサバイブしてきたリアルな言葉が聞けた気がします。ではベスト盤の中から、ターニングポイントになった曲を挙げてもらえますか?
HIRO「2曲あるんですけど、まずは『Dear Mama feat.小田和正』。これは実現したこと事体が奇跡だなって。自分の人生の中でかなり衝撃的なことでした」
――驚きの組み合わせですよね。小田さんとはどうしても一緒にやりたかったんですか?
HIRO「そうですね。これは既存の曲で、メジャーで出す時に誰に歌って欲しいか自分に問いかけたら、声質やなんとなく年が離れた人とやるのがいいと感じて、以前から好きだった小田さんしかいないって思ったんです。恥ずかしげもなくオファーを出させていただいて(笑)。受けていただき、大変ありがたかったです。ミーティングもレコーディングも感動しました。この曲は、作曲もトラックも全部ナンツー(DJ No.2)が作ったんですが、僕らが作ったものを小田さんが歌ってくださったのが衝撃でしたね。売れなくて自己マンでもいいと思いました(笑)。もう1曲は『Eternal』。オレはこれで初めてちゃんとしたメロディをフックで歌ったんですが、最初にナンツーが書いたメロディがどうしても歌えなくて。声が出ないんです。このメロディ、実は2個目に作ってもらったものなんですが、それでも高いところがギリ出るくらいで。そんな自分がムチャクチャ悔しかったし、思い出深いですね」
DJ No.2「僕はアルバム『GO! GO! LGYankees!!!』の時に書いた曲が印象深いです。レコード会社を移籍し、新しい環境で行くぞって新鮮な気持ちでした。いいスイッチが入る感じがあったんです。『Because...~あなたがいた~feat. Noa』を作り直したり、『Once More Again ~もう一度、抱きしめて~ feat. May J.』『3年目の記念日 feat. Noa』『Close To You feat. 舞花』って女性のフィーチャリング3曲をやったり、アル
バム自体が思い出深いです」
――メロディを書く時は、フィーチャリングによって変わりますか?
DJ No.2「はい。僕は歌い手さんありきで曲を作っていきますね。声を聴いて、僕なりにその人の声が一番活きるジャンルの音で歌詞もメロディも作ります」
LGYankees――HIROさんも作詞・作曲されますが、DJ No.2さんは作詞・作曲にトラックメイクまで手がけています。HIROさんの、DJ No. 2さんへのクリエイターとしての信頼度はかなり高いと思いますが。
HIRO「僕にはない音楽性とグルーヴを確実にナンツーは持ってますよね」
――そうしたものが合わさってLGYankeesの音楽ができあがり、進化し続けてるわけですね。ではベスト盤を出したこの先、どんな活動をしてきたいか今見えてるものはありますか?
HIRO「一例ですが、自分の中で、ジャンルを二分化させたいですね。完全に趣味に寄ったものとファンを裏切らないものを1枚にまとめるんじゃなく、分けてやるのもおもしろいのかなって。でもLGYankeesとしてやりたいことはどんどん追求していきたい。とにかく僕がやるべきことは、ファンが欲しいものをきっちり提示すること。ムーブメントを作って、“次はこういうのがおもしろいと思うんだよね”って提案し続けられるアーティストでありたいなという思いは、ずっと変わらず持ち続けていきたいです」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。