エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

音楽が本当に好きなんでしょうね。それ以上はない。

――楽曲やライブだけでも十分なのに、PVでふざけてみたりMCで下ネタトークをしてみたり。“らしさ”、というかそういうのもオリジナルになっていくんですね。
「“楽しいほうがいいやん!”っていうだけなんですけどね。音楽だけでその人の世界観が伝わればいいんですが、ぶっちゃけやっぱりかっこつけるのに疲れてきてるんです(笑)。ライブに関しても、行ったことのない場所に行くとやっぱりお客さんも緊張してるんですね。全体的に堅いというか、そこをほぐして盛り上げていきたい。歌だけでもいいんですけど、楽しんでもらうための空気作りもがんばりたいです」
――では最後に、音楽にまつわることでyasuさんが一番大切にしている作業や乗り越えたいピークはどこですか?
「楽しみ苦しみ喜びすべて込みですけど、丹精込めて作った楽曲を一番最初にスタッフに聴かせる“選曲会”が緊張のピーク。試されてる感が、すっごい! 聴いた後の発言はみんな気を使ってくれてるんですが、体のいい批評より、曲の掴みがどうなのかってとこが一番知りたい。聴きこんでからとかじゃなく、聴いた瞬間の“おっ!”っていうその1発が僕の中で勝負なので。もう1回聴いてみたいかどうか、その1点ですよね」
――ではyasuさんにとってライブとは?
「ゼロをイチにする制作作業が苦しくも辛くもあり、幸せでもあるんですよ。ライブは、そのイチを見せる場。そのイチをいかに2や3に増やせるかなので、もちろん大好きですがまた別ものですよね」
――たくさんのプレッシャーの中、ずっと音楽を続けていくエネルギーはどこからくるのでしょうか?
「根本は、音楽が本当に好きなんでしょうね。それ以上はない。それに自分にできることは音楽しかいなので、それを精一杯やろうと思ってます」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。