エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

インタビュー後記

DATA
取材日:2013年1月25日(金)

今月の表紙に登場したのは、大ヒット映画の続編『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』より、大泉洋さんと松田龍平さん。この日は映画の初号試写会開催日。おふたりが初めて完成版を観たその日という、貴重なタイミングでのインタビュー&撮影となりました。

インタビューでは、劇中の役柄さながらの息の合った掛け合いを披露! ボケる大泉さんに、松田さんがボソッと的確なツッコミを入れ、その場が笑いに包まれる、という漫才さながらの展開が随所に。実際に路面電車を借り切って撮影したというド迫力のアクションシーンの裏話から、今回のヒロインを演じた尾野真千子さんの“大阪のおばちゃん”な素顔、そして携帯のアプリを使っての意外なアドリブ話まで。もちろん、今号のテーマであるJOURNEYについても、大泉さんの“大人の修学旅行”エピソードや、松田さんの“京都”エピソードなどたっぷり語っていただいています。旅はその人の人間性がにじみ出るもの。おふたりの話から、意外な素顔が垣間見えるかも?

そして今回の撮影はナイトロケです。気温10℃を切る寒い中、薄着で撮影にご協力いただいた大泉さん&松田さん、本当にありがとうございました! 開放感があって怪しく、かつ最高に格好いい“大人のJOURNEY”写真。ぜひチェックしてくださいね。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は笑って泣いて、ハラハラドキドキして、その上ときめいちゃう、最高のハードボイルド・エンターテインメント。

頬をなでる初夏の風に、旅情誘われるこの季節。この映画を観た後、探偵と高田と同じ空気を味わいに北海道を旅してみるのはいかがでしょうか。きっと、忘れられない、特別な旅になるはずです。

FLYING POSTMAN PRESS 編集部

大泉洋(おおいずみ よう)
’73年、北海道出身。演劇ユニットTEAM NACSに所属する実力派俳優。映画近作に『しあわせのパン』(’12)、『グッモーエビアン!』(’12)。本年はドラマ『シェアハウスの恋人』に出演した他、4/19に自身執筆によるエッセイ集『大泉エッセイ~僕が綴った16年~』が、4/26には探偵大泉洋写真集『探偵は写真の中にいる。』が発売。11月には三谷幸喜最新作『清須会議』も公開される。
松田龍平(まつだ りゅうへい)
’83年、東京都出身。映画、ドラマなど幅広いジャンルで活躍する実力派俳優。本年はドラマ『まほろ駅前番外地』に出演した他、4月からはNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演中。また映画では『舟を編む』が全国公開中、待機作に秋公開予定の『麦子さんと』がある。
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
探偵(大泉洋)が通うショーパブで働くオカマのマサコちゃん(ゴリ)が殺害される。捜査が進まない中、探偵のもとに彼を尾行してきたヴァイオリニスト・弓子(尾野真千子)から事件究明の依頼が舞い込む。探偵と相棒の高田(松田龍平)は再び札幌ススキノを駆け巡り…。
’13年/日/119分 PG-12
監督:橋本一
原作:東直己 ススキノ探偵シリーズ『探偵はひとりぼっち』(ハヤカワ文庫)
出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴ リ、渡部篤郎、他
※5/11(土)より全国公開
スタッフクレジット
Photo by Satoshi Hosoya(ConDollPhoto)
大泉洋
Hair&Make-up by Yoshito Shiraishi
Styling by Kyu(Yolken)
松田龍平
Hair&Make-up by Yukie Zitsuyama(nerds)
Styling by Haruki Koketsu
衣装協力/コート¥65,100、セーター¥29,400、パンツ¥29,400(以上すべてUNDERCOVERISM/問:03-5778-4805)

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。