エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

“2023”というタイトルにふさわしい1枚

――続くRED RICEさんの『LIFE』は、人柄がにじみ出たハッピーな楽曲になっていますね。
RED RICE「もともとは4人の曲にしようかと思ってたんですけど、HAN-KUNに“REDっぽいからソロ曲にすれば?”って言われて。思えば今まで、自分らしさって考えたことなかったんですよね。人にはよく“REDは遊びの名人だよね”って言われるし、実際そういう時間を大事にしてるけど、じゃあ自分が本当に楽しいって思うことはなんなのかな? って。そこを考えに考えて、出てきたことをそのまま歌詞にしました。開き直りっていうか(笑)。今までは、使う言葉も同じ言葉は避けるみたいな自分なりのルールを決めてやってきたけど、今回はそれを全部壊して。そのまんまの自分を、自分の言葉で書くっていうことに挑戦した曲でもあります」
――HAN-KUNさんの『Love It…』は、レゲエのリズムが心地いい、スイートなラブソング。
HAN-KUN「この曲はレゲエに対するラブソングというか。俺が今こうしてステージに立ったりしているのは、すべてレゲエが導いてくれたこと。それに対する感謝の想いや、いつか本場・ジャマイカのステージに立てる日が来るまで、この想いは止まらないぜっていう気持ちを歌にしました。それに、湘南乃風ってもともとレゲエを通して集まった4人でもあるので、このアルバムにレゲエ色の強い楽曲を入れるのも、自分の役割だと思ったんですよね」
――ファンに対するラブソングのようにも聴こえました。
HAN-KUN「そうですね。この曲がレゲエを聴く機会になってくれたらうれしいし、聴いた人それぞれが、いろんな角度からこの曲を楽しんでもらえたらなって思います」
――今作は個々の色を出すことで湘南乃風としての幅が広がると同時に、それぞれが新しいチャレンジをした意欲作でもありますね。
RED RICE「そうですね。今までは4人の持っている色の中から共通の部分を見つけて、少しグレーになったり、ちょっとぼやけたりしたのが湘南乃風っていう感じだったのが、今回のアルバムに関しては4色がそのままバンッと出た感じですね。10周年だからといって今までの総決算にするのではなく、次の10年への新しい一歩にしたいという想いがあったので、“2023”というタイトルにふさわしい1枚になったと思います」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。