エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

デビューから5年。通算4枚目となるSuperflyのアルバム『Force』が完成した。昨年の精力的なライブで積み重ねてきたテンションをそのまま落とし込んだという本作。ありのままでいることの強さを知った彼女の歌声には、新たなスタートを切ったような清々しさと、揺るぎない自信が満ち溢れている。

やっと自分に近いものが作れたなって思うんです

――今年でデビュー5周年。振り返ってみていかがですか?
「濃密でしたね、かなり。自分のことや身の回りのことなど、いろいろと考えさせてもらう機会が多かったなと思うんですが、その中でも、いい作品を作る前に人として成長したいという気持ちがかなり強くなった5年だったなと思います。日々自分がどうあるかで、作品の方向性やカラーも決まっていきますからね。そういう自覚が芽生えた5年間だったかな、と」
――音を作る楽しさも、作品ごとに高まっているのでは?
「それはありますね。私はソロアーティストだけど、常にいいバンドを作りたいって想いがあるんですね。この5年間、たくさんの出会いがありましたが、今バンドがすごくいい感じなんです。“このバンド最高やなー!”って思う瞬間、本当に幸せなんですよね(笑)」
――その充実感は今回のアルバムからもにじみ出てますね。これまで以上に生き生きとしていて、胸を張ってる印象を受けました。
「確かに、潔くなった気がしてます。私はすべての曲を作って、音の細かいところまですべてを指示したりすることはできないけど、その分、フロントマンとして何ができるのかを改めて考えたんです。大切なのは、自分が何を発信していくかということ。そこに責任を持ってやっていきたいんだということをプロデューサーなどみんなに伝えて制作を始めたんですよ。潔く胸を張っていられたのは、たぶん変に気負わず、自分らしくいられたからかなと思います」
――それは精神的にも大きな変化でしたね。
「はい。去年のアリーナツアーもそうだったんですが、楽器は弾かずに歌だけに集中してやってみたんですね。“歌を歌いたい、みんなに喜んでもらいたい”っていうすごくシンプルなところに立ち返ってのパフォーマンスはすごく気持ちが楽だったし、それこそ胸を張れてたんです。これまでって、いろんなことをやりたくなっちゃうし、あれもこれもやってみなきゃっていう変な責任感みたいなものが生まれてしまってたんですよ。みんなが思うSuperflyってものに近付かなきゃ…みたいな。でも、今回はそれが取っ払えた気がするんです」
――なるほど、なるほど!
「だから今回のアルバムってすごいロックで、かなりヘヴィなサウンドで歌ってるのに、すごく明るくて、天晴れな気持ちで歌えたんですよね(笑)。なんだかやっと自分に近いものが作れたなって思うんです。もちろんこれまでもそういう想いで作ってはきたけど、これが一番今の自分だなって思えるし、そういう今の自分を、バンドのみんなが押し出してくれたアルバムだなって思いますね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。