エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

"仲良しのあの人"や"憧れのあの人"に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。シンガーソングライターの杏里が次に手紙を書くのは、タレントとしてはもちろん、実業家としての手腕も発揮している神田うの!

手紙を書いた人
杏里
手紙を受け取った人
神田うの
プロフィール
杏里(あんり)
'78年に『オリビアを聴きながら』で鮮烈デビューを果たす。デビュー以来、常に第一線で活躍しており、幅広い層から熱狂的な支持を得ている。『悲しみがとまらない』『CAT'S EYE』『SUMMER CANDLES』など名曲を数多く持つ。代表曲や名曲『Someday Somehow』など、全16曲を収録したアルバムが発売中。来年、デビュー35周年を迎える。

手紙を拡大

▼神田うのからの返信
杏里さん

いつも私のことをお心にかけていただき、ありがとうございます。
先日も国際電話を下さり、杏里さんといろいろなお話ができてとてもうれしかったです。

去年杏里さんのコンサートに行った際にはまだお腹の中にいたベビーも、早9カ月になりました。
次回は、ベビーと一緒に杏里さんの素敵な歌声を聴きに行けることを大変楽しみにしています。

大好きな杏里さん、親子で応援しています。

神田 うの
――神田うのさんと知り合ったきっかけは?
「うのちゃんの旦那様・拓ちゃんから紹介されたのがきっかけです。彼がアメリカ留学をしている時に私の姪や甥たちも留学していて、本当にお世話になりました。 そんな拓ちゃんから、婚約前に結婚のご報告いただいた時はとてもうれしかったです」
――お会いする前とお会いした後の印象を教えてください。
「素晴らしいファミリーから愛情を沢山受けて育ってこられた方だという印象がありました。ファミリーにお会いした際にも、特にそれは感じましたね。拓ちゃんが選んだ人なので間違いはないと信じていましたが、うのちゃんとお会いして本当に素晴らしいお嬢さんだと思いました」
――杏里さんにとって神田うのさんはどんな存在ですか?
「とてもしっかりしている妹みたいな存在です。 そして、とてもかわいくてお茶目な愛すべき存在」
――神田うのさんとの思い出深いエピソードを教えてください。
「とてもよく気が付くお嬢さんなので、いつも助けてもらっています」
――自分と”似ている”と思う部分はありますか?
「何事があっても前進している部分でしょうか」
――杏里さんだからこそ知る神田うのさんの意外な一面を教えてください。
「あらゆる面でとてもサービス精神のある人」
――もしクラスメイトだとどんな関係だと思いますか?
「頼りになる親友になったと思います」
――ひとことで表すと神田うのさんはどんな方ですか?
「クリエイティヴ」
――うのさんとの会話の中で、印象に残っている言葉はありますか?
「何かある度に”ありがとうございました”と言う元気な言葉が頭に残っています。それだけ、どなたに対しても忙しい日々の中で感謝の気持ちを忘れずにいらっしゃる方という印象がありますね」
――神田うのさんの尊敬すべき部分はどんなところですか?
「子育てにも全力で頑張っているところです」

『Heart to Heart ~with you~』
\2,500
WPCL-10976
※now on sale

次回は、「神田うの」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。