エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

私にとってソウルミュージックは日常を忘れられる音楽

――3枚のEPから続いてきた“Soul Extreme”シリーズはそもそもどういうきっかけで始まったものなんですか?
「2ndアルバムをリリースした後、自分のルーツでもあるソウルミュージックっていうものを表現したいなっていう気持ちになったんですよ。あと、コラボレーション。これまで全然やってこなかったんですけど、自分の好きなアーティストの人たちと歌うことで何か発見できるんじゃないかっていう、“新しい何かを作りたい”って気持ちが自分の中にあったんです。“爆発したい感”っていうのかな(笑)。もっともっと“攻め”のある音楽をやりたいって」
――爆発したいってすごいモチベーションですね(笑)。
「(笑)。2ndアルバムは、わりと生のサウンドにこだわって作ったんですけど、その後ライブだったりをやっていくうちに、自分が聴いてる音楽の影響なんかもあって、トゲのあるというか、パンチのあるものを作りたいなって思ったんですよね。EPの1曲目であり、最初のコラボレーションとなった『O2 feat.AI』のデモはライブ直前の楽屋で聴いたんですが、すごくパンチのある曲だったので、“これ、今の私がひとりで歌えるかな!?”って不安になったんですね。今回のアルバムの曲のほとんどがそうなんですが、自分にとっての大きな壁みたいな感じなんです。“この壁を越えたい!”、そう思わされる楽曲がすごく必然的に集まってきて、結果的にはそういう曲しか入っていない」
――その壁を越える手段というか、起爆剤となる要素のひとつがまず“Soul Extreme”シリーズで実現したコラボレーションだったと。
「そうですね。どの曲もそうだけど、すごく自然発生的な感じで“この人と歌いたい!”という気持ちになってました。その方自身のファンでありリスペクトしてる部分と、こういう言葉を歌って欲しいっていう作る側としてのワクワク感も持ちながらの作業でしたね。『Get Up! feat.AKIKO WADA』にはアッコさんだから歌える歌詞っていうのをすごく考えましたし、『O2 feat.AI』はAIちゃんのパワーを借りてもっとアツいものになりました。同い年の三浦大知君ももちろんそうです。EPだけでも3枚なのでアルバム1枚分くらいのボリュームになっちゃいましたけど (笑)、改めてソウルミュージックということを全面に出
して、タイトルにも(そういう言葉を)入れて、聴いてくれる人が一番近くに感じるようなアルバム=音楽を作りたいなって思ったんです。私にとってソウルミュージックが、日常を忘れられる瞬間の音楽だったように」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。