エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

AI、和田アキ子、三浦大知と続いてきたコラボシリーズ『The Soul Extreme EP』の三部作を経て、福原美穂のニューアルバム『The Best of Soul Extreme』が完成した。自分自身のルーツであるソウルミュージックをベースに、アーティストとしての新たなステージを目指した本作。その揺るぎない歌声に託された想いとは――。コラボシリーズ第三弾『Dream On Feat.三浦大知』で競演した三浦大知との対談&インタビューで迫る。

福原美穂×三浦大知 スペシャル対談!

福原「今回は『Dream On feat.三浦大知』でコラボレートできてすごくうれしかったです!」
三浦「こちらこそ。今日の撮影もそうだけど、PV撮ってても楽し過ぎてついつい笑顔になり過ぎてたよね。そんなテーマの曲でもないのに(笑)」
福原「(笑)。大知君のパフォーマンスは、最初に観た時からすごく感動でした。共通の知人であるDJ大自然さんに紹介してもらったんだけど、“こんなにすごい人が同い年で、しかも日本にいるんだ!”って。男性アーティストでコラボをするなら絶対に大知君だって思ってたんです」
三浦「僕も同じでしたよ。美穂ちゃんの歌声を聴いたり映像を観たりした時に、“この人は本当に楽しそうだなぁ”って。音楽と両想いなんだろうなって感じるくらい、素晴らしいパフォーマンスする人だって思ってた」
福原「うれしいなぁ(笑)」
三浦「で、いつか一緒に何かできたらなと思ってた時に今回のお話がきて。おまけに候補として聴かせてもらった今回の曲は、ふたりで歌ってるイメージが一瞬で浮かんだんです。ふたりで歌うことで、もっと意味のある曲になるんだろうなって」
福原「大知君は大先輩でもあるからアレなんだけど(笑)、きっと、こうやって音楽をやっている私たちにしか見えない景色っていうのがあると思ったんですよ。実際のライブの時にステージから見えるお客さんの顔もそうだし、そこに立つために信念を持ってやり続けきたからこその想いっていうのがあるんじゃないかって」
三浦「レコーディングの時も話したけど、自分のことが見透かされてるような気がした」
福原「そんな、そんな(笑)」
三浦「実は最初、僕も歌詞を書きたいと思ってたんです。ふたりの気持ちを融合させた歌詞を歌えたらなって」
福原「え!? じゃあそれはぜひ次回の作品で(笑)」
三浦「(笑)。でも、歌詞を見た時にこの歌詞を歌いたいって強く想った。これを歌えたらすごく幸せだなって思ったんです」
福原「レコーディングではふたり一緒に歌ったんですよね。キャッチボールしてるみたいに、いろんなパターンが返ってきて楽しかったです」
三浦「あんな風に同時に録るってあまりなかったので、すごく新鮮でしたね。違和感もまったくなくて、ライブやってるみたいだったし」
福原「音楽で会話してるような感じでしたよね(笑)」
三浦「美穂ちゃんみたいに本当に楽しそうに音楽と向き合ってる人って、最近あんまりいない気がするし、そうじゃなきゃいけないんだよなってすごく思った。この誠実さがあれば音楽の本質はちゃんと伝わるんだなって」
福原「私も、大知君からはミュージシャンとしても人としても学ぶところがたっくさんありました。音源やPVもそうだったけど、ここから見える素晴らしい景色を、次はライブでふたり一緒に体感できたら最高ですね!」


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。