エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

"仲良しのあの人"や"憧れのあの人"に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。デーモン閣下が次に手紙を書くのは、閣下のニューアルバムに参加し、ライブにもゲスト出演するピンク・レディーの未唯mie!

手紙を書いた人
デーモン閣下
手紙を受け取った人
未唯mie
プロフィール
デーモン閣下(でーもんかっか)
聖飢魔Ⅱのボーカリストとして、'85年にデビュー。音楽活動はもちろんのこと、活動の幅は多岐に渡る。デーモン閣下としてのオリジナルアルバム『MYTHOLOGY』を5/16にリリースしたばかり。6月はライブツアーが行われる。

手紙を拡大

▼未唯mieからの返信
閣下へ

閣下のアルバムでのコラボ、とっても楽しかった~。
作詞でのやり取りやレコーディングは、刺激的でした。
素敵な作品になって良かったね♪

私は、閣下の世を忍ぶ仮の姿の時にも魅力を感じていますよ。
人間的に言うと"インテリジェンスに溢れたジェントルマン"。
ミサトークも含め、ボキャブラリーの多さと深さには感歎します。
ANIMETAL LADYのころからグッと近しい感じだから、
随分長いおつき合いになって来たけど、もっともっと知りたくなる。
今度、ゆっくり語らいたいですね~。

6月のライブも楽しみ。
よろしく~!

未唯mie
――未唯mieさんと知り合ったきっかけは?
「TVで初共演したのは、かれこれ20年くらい前になるが、懇意になったのは、打楽器奏者・仙波清彦氏と吾輩が共演した舞台の打ち上げにて一緒に飲み食いした時からかな」
――お会いする前とお会いした後の印象を教えてください。
「前⇒”スター然”としているのだろうな。
後⇒とても謙虚。でも芯の部分での強さは感じた。それから、ルックスの素晴らしさを維持し続けていることにもプロフェッショナルを感じた」
――デーモンさんにとって未唯mieさんはどんな存在ですか?
「日本の女性シンガーのトップスター。歴史上でも、現役でも」
――お付き合いの中で、印象的なエピソードを教えてください。
「”一緒に歌詞を考えてもらっても良いですか?”と尋ねたら、”え~、それは想定に入っていなかった”と答えられたが、数日後に”こんな歌詞が思い浮かんだ”とメールが送られてきた」
――自分と”似ている”と思う部分はありますか?
「自分の客観視の仕方。物事の受け止め方が前向きである」
――デーモンさんだからこそ知る未唯mieさんの意外な一面を教えてください。
「吾輩の世を忍ぶ仮の学年が自分よりも下だと知った時に、”え~、そうなんだ~”と、とても残念そうな反応をされた」
――未唯mieさんを色で例えると何色だと思いますか?
「”ピンク”と言いたいところだが、濃いめの金色」
――ひとことで表すと未唯mieさんはどんな方ですか?
「いつもニコニコしている」
――会話の中で、印象に残っている言葉はありますか?
「一緒に写真を撮る時に吾輩が自分と同じようなポーズをリクエストしたら、”アニメタル・レディーの時だったらやるんだけれどもね~”と言われた。ちなみに未唯mie嬢はその時、とてもカジュアルな着衣であった」
――未唯mieさんの愛すべき部分はどんなところですか?
「これまでの回答の中に、それは秘められている、グハハハハハ~!」

『MYTHOLOGY』
●CD+DVD
\3,980
AVCD-38450/B

●CD
\3,150
AVCD-38451
※now on sale

次回は、「未唯mie」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。