エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

今までどの仕事でも感じたことのない感覚を味わってます

――『LAST COAD』の次の曲『Happy to be Me』では、内面を吐露した歌詞が印象的。
「この曲を作詞してくださったモモちゃん(MOMO“mocha”N.)は毎回そうですが、本当に私の心にある想いを歌詞にしてくれていて…。どこかで覗かれるのかなぁ、って思うぐらい心境とシンクロする歌詞が多いです。“本当の自分ってなんだろう”みたいなことって、わかれば一番楽なのかもしれないけど、実際わかってしまったらつまんないのかもしれないですけどね」
――この曲で一番ぐっときた歌詞はどこですか?
「“何かを敵にすることで強くいられるのは勇ましいことだけど、切ないよね”って部分かな」
――5曲目の『Take Me Away』は切ないミドルチューンですね。
「この曲にはとても曲に引っ張られましたね。無意識に入りこもうとしてるのか、レコーディング中に歌詞の中のような出来事が現実にも起こっちゃうんですよ。すごく不思議な感覚でしたね」
――それはすごいですね。では歌入れで苦労した曲はありましたか?
「『Flash Light』! こんなに爽やかでキラキラした曲を歌ったことが今までなかったので、恥ずかしくてレコーディング中にムズムズしちゃいました(笑)。とは言え歌詞は、ゴシップ誌に追いかけられるスターの日常なのでまったく爽やかじゃないですけどね。歌詞を見て、“このままで行きましょう”って言いました」
――アルバムの曲順は悩みましたか?
「私はいろいろやってみたり考えこむとすごくハマるタイプなので、あまり深く考えず直感でいいと思った流れで並べました。迷ったらもうダメ。普段から曲選びもそうですが、直感でコレって思ったものを信じるようにしています」
――アルバムが完成し、今どんなふうに感じてますか?
「実は今まで音楽も他の仕事もそうですが、ひとつの作品が終わると“よし、次に行こう!”っていう、次に繋がるエネルギーになった感覚はあっても、達成感とか満足感みたいなものをあまり感じたことがなかったんですよ。でも今回のアルバム制作が終わって…まあ年の瀬だったのもあったのか、“黒木メイサやりました!”みたいな大きな区切りみたいな感覚、糸が切れたとも違うし、コップがフルに満たされておなかいっぱいってこととも違う…うまく言えないですが、今までどの仕事でも感じたことのない感覚を味わってます。自分でも不思議だし、次どんなふうになっていくのかわからないですが、今後がとても楽しみです」
――これだけたくさんいろんなお仕事をされてきて、そんなふうに感じるってすごいですね。
「音楽をやってると自分の中でバランスがいいというか、お芝居や他のお仕事との向き合い方が変わってきた気がします。今はアーティストやって、役者やって、一女子やって、それがすごく楽しいです。それに舞台もそうですが、やはり生はいいですよね。昨年の今頃は、ツアーをやってみたいって言ってた時期。今年はまだ音楽活動の詳細を決めていないので、このアルバムから一気に動き出したいですね!」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。