エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届けるリレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。仲井戸“CHABO”麗市が次に手紙を書くのは、いつも凛とした輝きを放ち、多方面で活躍中の麗しいお姉さま夏木マリ!

手紙を書いた人
仲井戸“CHABO”麗市
手紙を受け取った人
夏木マリ
プロフィール
仲井戸麗市(なかいど れいち)
'50年、東京生まれ。日本を代表するギタリストのひとり。'70年に古井戸でデビュー、'79年にRCサクセションへ正式加入する。現在はソロの他、麗蘭としても精力的に音楽活動を続けている。世代を超え胸に響くギタープレイと歌声、そしてその姿勢は、他ミュージシャンからも広く愛されている。

手紙を拡大

▼夏木マリからの返信
CHABOさま

ご無沙汰です
先月いただいた曲、最高!
私は今、ドラマ演ってますが、
間に聞いてます。早く唄いたい。
音楽を再び始めた私にとって
CHABOさんは、とてもとても
大切な友人。リスペクトです。
 私の好きなヴィソツキーの様でもあり
ディランでもあり、時には
やさしいお兄さん?
ま、こりずにおつきあい下さい。
ミュージックシーンでは
大先輩であるCHABOさんの
ライブに向かう姿勢は
毎回、頭が下がります。
今年の私の60ライブも、
ひとつ、よろしくです。
東京に戻ったら、連絡します
うん、ごはんでも!
じゃ またね。
           夏木マリ
――夏木さんと知り合ったきっかけは?
「共通のスタッフ(照明)がキューピットで、彼女の”印象派”の舞台に招待してもらったんです」
――お会いする前とお会いした後の印象を教えてください。
「もっとツンツンしてると思ったが(笑)、実にフランク&フレンドリーでありました」
――仲井戸さんにとって夏木さんはどんな存在ですか?
「今は、ある種の戦友かな…。ある種のライバルかな(何かを表現しょうとする者同志として)
……でも”Girl Friend”ってのがいいな(笑)」
――お付き合いの中で、印象的なエピソードを教えてください。
「親族の方との法事についてのやりとりを、ふと小耳にはさんだこと(笑)」
――自分と”似ている”と思う部分はありますか?
「ない(笑)。
あえて探せば、もしかしたら”仕事”というものへの立ち向かい方のタッチにちょっとある…かも」
――もし同じクラスメイトだったら、おふたりはどんな関係だと思いますか?
「駅から学校(その逆も)までの道を一緒に歩く。いろんな話しをたくさんする。レコード(CD)なんかを交換する。でもダンスパーティーには違う相手と行ったりする。つまりは普通のボーイフレンド、ガールフレンド、な・か・よ・し」
――夏木さんを色で例えると何色だと思いますか?
「深紅のイメージ→バラ、情熱
黒のイメージ→強い意志
白のイメージ→尽きせぬ可能性」
――ひとことで表すと夏木さんはどんな方ですか?
「潔さ!」
――夏木さんとの会話の中で、印象に残っている言葉はありますか?
「”年齢なんて記号よ”」(彼女の著書より)
――夏木さんの尊敬できるところはどんなところですか?
「(仕事、プライベート…つまりは生きるということへの「ポジティブなアティチュード」

『DIAMOND LANE -Unreleased 1990-2010 Unplugged-』
\10,000
WHB-001
※now on sale

麗蘭ライブ盤『磔磔2011盤 ゆく歳くる歳』
\2,500
※3/3 on sale

次回は、「夏木マリ」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。