エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

「次のニューアルバは、全曲が同じ世界観で統一されている」

――『明日へ』の制作は、各メンバーが“マイシンセ”を持ったことからスタートしたと聞きました。制作では担当パートの概念が意味をもたないほどみんなマルチプレイヤーになっているんですよね。
雄貴「そうなんですよ。その理由を答えられないほど自然とそういう感じになっていって(笑)。必然的にメンバー同士で補える部分が大きくなるし、音楽的な関わり方が深くなりました。例えば俺がギターを弾いてる時に仁司がエフェクターをいじったりとか。和樹のドラムにしても、みんながリズムについて考えているから、いろんなアイデアを出せる。今、制作の大黒柱になっているのが岩井君で。さっき言った自分たちが美しいと思う音楽とそう思わない音楽を聴き比べて、理論的に分析しているんです。岩井くんがノートにコード表を書いて、それに対してどういうメロディを当てている傾向があるのかを研究したり。そういう時間も楽しいですね」
――制作中というニューアルバムはどんな作品になりそうですか?
雄貴「サウンド的にはバラエティに富んでいて、あまり統一感がないかもしれないんですけど、歌詞の面で新しい試みをしていて」
――どういう試みですか?
雄貴「全曲が同じ世界観で統一されているんです。ひとつの長編を1枚のアルバムの中で描いてみたいという想いがあって。歌詞を書きながらすべての曲をリンクさせていくのがすごく楽しいですね。僕らが好きな海外のインディーロックシーンって‘80年代リバイバルがムーブメントになっている傾向があるんです。ただ、サウンド面で僕らがやりたいことは海外の音を模倣するのではなくて、そこにGalileo Galileiのオリジナリティを吹き込みたいんです。小さい頃から邦楽を聴いて育ってきた僕らが、海外のインディーロックシーンと同時代的な目線でサウンドを構築していったら、どんなものができるのか。自分たちでもワクワクしてます」
――バンドの今後にとってもかなり大きな作品になりそうですね。
和樹「そうですね。制作の方法論や考え方が変わってからの曲が詰まったアルバムになるので自分たちにとっても新感覚だし、作っていて新しい発見ばかりですね。メンバー全員が同じ方向を向けているから、例えばシンセのフレーズだけでもみんなが同じように“これはマジでいいね”って感じられるんです。そうやって確信を持って曲作りができている。素晴らしいアルバムにしたいと思います」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。